一般財團法人 東 方 學 會                                      

本文へジャンプ

          


  
東方学会は、2013(平成25年)年4月1日、公益法人改革により、内閣府所管の一般財団法人として再出発することとなりました。
 前身の財団法人東方学会は、1947(昭和22)年6月外務省所管のもとに、民間の純学術団体として、わが国東方学研究の発達を図り東方諸国の文化の進展に貢献するとともに、世界学界との連絡・提携を促進し、広く国際文化の交流に寄与することを目的として設立されました。
 わが国東方学界の再編と会員推薦制による事業基盤の形成に努め、さらに自主的な財政基盤を確立し組織の機能的な拡充を図っています。

*千代田区景観まちづくり重要物件の指定を受けている築約100年の本館を耐震補強するとともに改修し、隣接の土地を日本エスコンに貸して14階建てのレ・ジェイドクロス千代田神保町を建て、これと結び1棟の建物として2024年1月に完成しました。


第67回国際東方学者会議(ICES)の開催について
 本年度の第67回国際東方学者会議は、東京会議を5月20日(土)日本教育会館において、関西部会を5月27日(土)に京都市国際交流会館において、それぞれ対面形式で開催しました(プログラム)。 ご参加ありがとうございました。
 来年度の第68回会議は2024年5月18日(土)に東京会議、5月25日(土)に関西部会を予定しています。
令和5年度秋季学術大会について 
 令和5年度の秋季学術大会は2023年11月11日(土)、東京支部主催のもと日本教育会館において開催しました(プログラム)。
 
令和6年度の秋季学術大会は、京都支部主催のもと、2024年11月9日(土)に芝蘭会館別館において開催の予定です。

英文単行本の刊行
A NEW STUDY OF THE LAOZI'S THOUGHT: Based on the Mawangdui Texts
池田知久『老子―その思想を読み尽くす』(講談社学術文庫、2017)の改定英文版。巻末に馬王堆帛書甲本の本文と英訳を付す。(詳細) 
 令和5年9月刊、A5判、606頁、ハードカバー
中国社会科学院歴史研究所との交流について
日中学者中国古代史論壇
 本会では、2009年8月に中国社会科学院歴史研究所と、日中学者中国古代史論壇(フォーラム)を隔年交互に開催する旨の5年間(2009-2013)の交流協定を締結し、2012年5月には5年間の延長協定(2014-2018)を締結しました。第1回論壇を2009年8月北京において開催し、以後日中両国において交互に開催し、第10回プログラム)2018年5月東京において開催されました
中国文化研究国際論壇

 2018年8月には中国社会科学院歴史研究所(2019年4月から古代史研究所と改称)と2019年から5年間「中国文化研究国際論壇」を交互開催する協定を締結し、第1回会議は2019年8月末に厦門大学において開催されました。その後、新型コロナウイルス蔓延のため1年延期し2021年に第2回、2022年に第3回、2023年第4回会議がそれぞれオンラインで開催されました。

第5回会議は、2024年8月23~25日に四川大学歴史文化学院において対面で開催される予定です。(プログラム)

若手研究者の研究会等支援事業について
 平成23年度(2011)より、東洋学・アジア研究に従事する若手研究者の企画する研究会・シンポジウム・講演会等の開催を促進することを目的とし、その開催経費の一部を助成することとしました。なお、申請者は、東方学会の会員で12月末日の申請締め切り時に満45歳未満である方に限ります。(実施要項)
*2024年度開催分(2024年4月1日~2025年3月31日)の受付は終了しました。
講演会・シンポジウム案内
東洋学・アジア研究連絡協議会
 令和5年度のシンポジウムは、「東洋学・アジア研究の最前線――‐AIの活用と課題」として12月2日(土)に東京大学国際学術総合研究棟1階文学部3番教室において開催しました。(プログラム) 
『東方学会報』会員通信について 
 『東方学会報』は、7月下旬と12月下旬に刊行されますが、『会報』には会員各位の研究状況などを掲載する「会員通信」欄があります。所属や住所の変更などとともにお気軽にEメール(iec@tohogakkai.com)またはFax.(03-3262-7227)でお寄せ下さい。随時受け付けます。記載事項は下記の通り。
   氏名、所属、①通信[200字程度]、②現在の研究テーマ 【*会員限定です】 
 
翻訳サービスについて
 都合により2024年度より当面、翻訳サービスを縮小します。お受けしても従来より時間がかかる場合もありますのでご了承ください。