一般財團法人東方學會 本文へジャンプ

秋季学術大会

 東方学会の秋季学術大会は、東京支部・京都支部が隔年主催しています。
 平成30年度の秋季学術大会は、京都支部主催のもと2018年11月10日(土)に芝蘭会館別館において開催します。
 公開しておりますのでどなたでもご参加いただけます。
 参加希望はメール・FAXで10月31日までにご連絡ください。

  参加会費 1,000円

 秋季学術大会終了後、会務報告と懇親会からなる会員総会を開催いたします。
 懇親会も参加自由です。どうぞご参加ください。

  懇親会費 3,000円


平成30年度秋季学術大会

日時=2018年11月10日(土)
会場=芝蘭会館別館 (京都市左京区吉田牛ノ宮町)
      京都駅より市バスD2のりば(206)で「京大正門前」下車徒歩2分
      京阪「出町柳」駅下車(出口2.4番) 徒歩15分
開会:午前11時50分 
開会挨拶 京都支部長 小南一郎

講演会:12時~14時10分
  宮崎 泉 (京都大学教授):実践から見た後期インド大乗仏教――『修習次第』と『菩提道灯』
     講師紹介・司会 京都大学白眉センター長 赤松明彦
  
  藤原克己 (武蔵野大学特任教授):源氏物語における漢と和  
      講師紹介・司会 愛媛大学教授 諸田龍美

研究発表 14時30分~16時45分
   会田大輔 (第35回東方学会賞受賞者・明治大学兼任講師):
      北周官制の変遷と忘却
          司会:氣賀澤保規(元明治大学教授)
   上原究一 (第35回東方学会賞受賞者・東京大学東洋文化研究所准教授):
     「李卓吾先生批評」戯曲刊本の刊行状況をめぐって
          司会:大木 康 (東京大学東洋文化研究所教授) 
   馬場紀寿 (第36回東方学会賞受賞者・東京大学東洋文化研究所准教授):
      スリランカ大寺の自画像――『島史』と『大史』
          司会: 赤松明彦(京都大学白眉センター長)
   板橋暁子 (第36回東方学会賞受賞者・東京大学東洋文化研究所助教):
      西晋愍帝年号継続の背景について
         司会:佐川英治(東京大学教授)

第37回東方学会賞贈呈式 16時50分~17時10分 
   推薦理由披露:選考委員会代表 木 田 章 義
   受賞者: 山下洋平(九州大学大学院専門研究員)
        川村悠人(オックスフォード大学海外特別研究員)
   授 賞: 理事長 池 田 知 久  

会務報告: 17時10分~17時30分 理事長 池 田 知 久

懇 親 会: 17時50分~19時20分
       

                     ▲Top