一般財團法人東方學會 本文へジャンプ
     

東方学会報
Tōhō Gakkai-hō
                     ISSN 0912-8158

本会事業の広報、内外の学界動向ならびに会員通信等多方面にわたるインフォメーションを適宜提供し、会員との連絡および関係学会・団体機関との連繋を図ることを目的としている。
 また、1986年の第32回ICANAS以降、第37回会議までICANAS国内委員会と協力し、詳細な会議内容の報告を特集してきたが、2004年12月同委員会の解散により2007年度の第38回会議から単独でICANASの特集を組むこととなった。        

年2回刊、和文、A5判、本文8P縦3段組、平均32頁、各2,300部 (ICANAS特集号平均60頁、2,500部)

Tōhō Gakkai-hō is the Tōhō Gakkai’s biannual bulletin in Japanese reporting the Institute’s annual activities with a focus on the International Conference of Eastern Studies (ICES) in May and its annual general meeting in November respectively. It also carries a report on the present state of Eastern studies at major universities in Japan, individual member scholars’ correspondence, and various kinds of news and information on Eastern studies both at home and abroad. Since its 31st Congress of 1983 a detailed report on the International Congress of Asian and North African Studies (ICANAS) has been published in this bulletin.

14.8×21cm, approximately 32 pp.

Price: Nos. 1(December 1958) ‒78 (excluding Nos. 51, 59, 65, 68, 73):  200 yen each
    Nos. 51, 59, 65, 68, 73:  350 yen each
    No. 79(Dec. 2000):     500 yen
    Nos. 80(July 2001)~  300 yen each
Out of Print: Nos. 13, 54, 64
        
 No. 122  令和 4(2022)年7月刊行 36 pp.
○第66回国際東方学者会議の開催―オンライン開催に四百余名が参加―
 [シンポジウム報告]
  I. 哲理と自然―六朝山水詩の形成 (小南一郎)
 II.近世東アジアにおけるさまざまな「儒教化」とジェンダー規範 (小浜正子、桃木至朗)
 III. 東アジア比較古文書学の可能性 (丸山裕美子)
 IV. 漢晋変革の考古学的研究 (岡村秀典)
 V. 仏教思想は甦るか―バウッダコーシャ・プロジェクトを総括する (斎藤明)
 東洋美術史部会 (板倉聖哲)
○[研究室便り・第92回]金沢大学におけるアジア研究の組織と現状 (上田望)
○若手研究者の研究会等支援事業
 [報告]大元大明研究会 (小二田章)  ○会費免除会員  ○会員通信 (45氏)  
○新会員紹介 (17氏)  ○訃報  ○退会者  
○国際集会案内 (第72回)
        
 No. 121  令和 3(2021)年12月刊行 20 pp.
○令和3年度秋季学術大会の開催―オンライン開催に約200名が参加―
 [シンポジウム報告]
 I. 儒・道二教と仏教―三教交渉を再考する (神塚淑子)
 II.中華の多元化――東アジアの「古代末期」(佐川英治)
○[研究室便り・第92回]
  金沢大学におけるアジア研究の現況 (上田望)
○若手研究者の研究会等支援事業
 [報告]大元大明研究会 (小二田章)
○会員通信 (42氏)  ○新会員紹介 (10氏)  ○訃報  ○退会者  
○国際集会案内 (第71回)
    
   
▲top