一般財團法人東方學會 本文へジャンプ

図書室事業
図書室の整備
  本会出版物との交換等により国内・海外より図書・雑誌を受け入れている。令和元年度における新収図書は、国内発行・海外発行併せて47冊、雑誌は国内発行265種486冊、海外発行71種170冊であった。

録音資料の作成
  座談会「学問の思い出」および「先学を語る」を継続開催して、それぞれ録音テープとして保存するとともに、その速記原稿は整理編集して機関誌「東方学」誌上に掲載してきた(掲載一覧)。現在まで座談会でとりあげられた人々は以下の通りである。
  なお、平成19年6月に創立60周年を迎えるにあたり平成18年9月に第30期理事・監事による記念の座談会を開催し、「東方学」114輯に掲載した。

  また、法人改革を機に創立65周年記念として「座談会―学問の思い出」特集を『東方学』の別冊として刊行した。

   「学問の思い出」(52名): 
     宇野 哲人、原田 淑人、諸橋 轍次、 矢野 仁一、石田幹之助、
     長井 真琴、青木 正児、今関 天彭、 橋川 時雄、那波 利貞、
     竹田   復、梅原 末治、加藤 常賢、倉石武四郎、宮本 正尊、
     辻  直四郎、花山 信勝、藤原 楚水、曽我部静雄、江上 波夫、
     服部  四郎、三笠宮殿下、長尾 雅人、中村   元、小葉田 淳、
     秋山  光和、白川   静、日比野丈夫、市古 貞次、衞藤 瀋吉、
     宇野  精一、佐藤   長、窪    徳忠、荒   松雄、服部 正明、
     青木  和夫、高崎 直道、中根 千枝、西田 龍雄、池田   温、
     岡村    繁、田仲 一成 、原    實、斯波 義信、尾藤 正英、
     戸川 芳郎、興膳    宏、礪波   護、松丸 道雄、藤田 宏達、
     粂川 光樹、小林   忠

   「先学を語る」(67名):  
     狩野 直喜、 白鳥  庫吉、服部宇之吉、内藤 湖南、池内  宏、
     桑原  隲蔵、羽田   亨、 鈴木 虎雄、市村瓚次郎、小川 琢治、
     加藤   繁、 和田  清、村上直次郎、武内 義雄、箭内   亙、
     小島 佑馬、 斯波 六郎、楠本  正継、藤田 豊八、藤田 亮策、
     田保橋 潔、 辻 善之助、浜田  耕作、藤塚   隣、岡崎  文夫、
     古城 貞吉、 塩谷  温、神田喜一郎、吉川幸次郎、水野 清一、
     宇井 伯寿、 塚本 善隆、仁井田  陞、三上 次男、岩生 成一、
     坂本 太郎、 久松 潜一、周藤 吉之、牧野    巽、貝塚 茂樹、
     榎   一雄、 小川 環樹、井上 光貞、 結城 令聞、鈴木  俊、
     宮崎 市定、 入矢 義高、護   雅夫、前野 直彬 、西嶋 定生、
     藪内   清、 河野 六郎、頼   惟勤、山本 達郎、島田 虔次、
     赤塚   忠、 小尾 郊一、田中  謙二、日野 龍夫、溝口 雄三、
     福永 光司、 伊藤 漱平、丸山    昇、清水   茂、山田 信夫、
     有光 教一、 澤田 瑞穂

   記念座談会:  創立20周年記念 「創立期の東方学会を語る」 
           創立60周年記念 「東洋学の現状とその課題」


   

有光教一