一般財團法人東方學會 本文へジャンプ
      

               シンポジウム
          「近未来の東洋学・アジア研究」
             ―王権・元号・暦―


                               東洋学・アジア研究連絡協議会会長 斎 藤  明
(趣旨)
  日本の東洋学・アジア研究の衰退の危機が指摘されて、すでに久しい時間が経過いたしました。その上、2015年6月には文部科学大臣より、人文・社会科学系の学科・学部の統廃合を進めるという通知も出され、日本学術会議や多くの大学・研究機関でも様々な対応に追われつつあります。  このような危機の到来は、東洋学・アジア研究分野の研究者一人一人に対して、自己の学問のあり方を根本的に再検討しつつ、この危機を克服し関連する学問の新たな振興をめざすべきことを迫るものであります。それと同時に、自己の学問的ディシプリンや所属する研究機関・学協会の相異を超えて、多くの研究者が相互に連携・協同しあいながら、これに立ち向かっていくべきことを教えてもいます。
 今日、このような危機を克服する方策として、以下のことが重要ではないかと思われます。日本の東洋学・アジア研究は、近代的学問を相対化して、東洋・アジアの文化的諸価値を、時空を超えた世界の普遍的真理という一色の絵具で塗りこめないという長所を持ちつづけてきました。こうした長所を活かしながら、
 一、21世紀に生きる人間としての観点に立って、東洋・アジアにおける個別的な文化現象の諸価値を内在的に再構成すること。  
 二、こうした個別的な文化研究の積み重ねを総括する中で、東洋・アジアから世界に向かって発信する新たな人間科学 (Human Sciences) を興こすこと。
これらを実現する道を切り拓いていくことが重要なのではないでしょうか。  私たち、約40の学協会は、2004(平成16)年9月、東洋学・アジア研究連絡協議会を設立しました。その目的は、東洋・アジアの諸文化を各種のディシプリンをもって研究する学協会が、将来におけるこの学問の一層の振興を図り、そのために相互の学術交流と連絡協議を行い、また国際的な東洋学・アジア研究の動きにも対応すること、などにありました。
 東洋学・アジア研究連絡協議会は、以上の設立趣意と現状への課題意識に基づき、模索のための具体的な活動の一環として、2013(平成25)年12月からシンポジウム「東洋学・アジア研究の新たな振興をめざして」を5年間に亘って開催しました。昨年度から新たに「近未来の東洋学・アジア研究」を表題として掲げ、本年度は王権・元号・暦に焦点をあて、下記の要領でシンポジウムを開催いたします。  シンポジウムの講師は、近年、各分野において活発な研究活動を展開して新たな地平を切り拓こうと努めておられる先生方にお願いしました。
 研究者・学生・市民のみなさん、お誘いあわせの上、ふるってご参加下さい。



シンポジウム「近未来の東洋学・アジア研究―王権・元号・暦―」

日時:2019年12月14日(土)13時30分~17時
会場:東京大学法文2号館1番大教室 (文京区本郷)

開会挨拶:斎藤 明(国際仏教学大学院大学教授、東洋学・アジア研究連絡協議会会長)
総合司会:池澤 優 (東京大学教授)
報告:
中牧弘允 (吹田市立博物館館長):アジアにおける権力と権威―年号と紀年法をめぐるダイナミズム
小島 毅 (東京大学教授):正朔を奉ずるということ―儒教王権の時間支配
青山 亨 (東京外国語大学教授):ジャワにおけるシャカ暦―インド化とイスラーム化をつなぐもの
矢野道夫 (京都産業大学名誉教授): インドにおける暦
後藤裕加子(関西学院大学教授):春分と十二支─サファヴィー朝年代記のトルコ暦採用
閉会挨拶:小南一郎(京都大学名誉教授、東方学会理事長)

〔報告レジュメ集〕
中牧弘允:アジアにおける権力と権威―年号と紀年法をめぐるダイナミズム
中国とその周辺諸国の年号や紀年法をとりあげ、権力と権威をめぐる歴史のダイナミズムを考察したい。とくに19世紀以降の近代化において、年号の廃止がみられる一方、他方では西暦(キリスト生誕紀元)に対抗するかたちで皇紀、民国暦、道暦(黄帝紀元)、檀紀、主体年号などが登場した。それらは国家主義や帝国主義との関連が強い。明治の年号をもつ大理国、大正の年号を有したベトナムの莫朝なども射程に入れ比較検討を試みたい。

小島毅:正朔を奉ずるということ―儒教王権の時間支配
東アジアの伝統的な暦は太陽と月の両方の運行を勘案・調整する太陰太陽暦である。各月の日数が不定であるため一年の日付の決定は複雑になる。これには天体の運行を正しく観測・予想して計算する高度な技術が必要で、天命を受けた中華の君主の役割でありかつ権威の源泉だった。理念的には全世界がこの暦を使うべきであり、朝貢国はこの暦を下賜されるかたちで使用することが求められた。報告ではこの理論とその運用実態について紹介する。

青山 亨:ジャワにおけるシャカ暦―インド化とイスラーム化をつなぐもの
ジャワではインドのシャカ暦に由来するサカ暦が古代から近世まで使われた。その使用がインド文化の受容と不可分であることは、14世紀の宮廷歴史物語『デーシャワルナナ』において、王国の事件の時を記す暦としてのみならず、宇宙論的終末期カリ・ユガへの言及でサカ暦が使用されていることに如実に示されている。イスラームが浸透する17世紀になると、ジャワのスルタンはサカ暦にヒジュラ暦を「接ぎ木」することで二つの文化の調停を図った。

矢野道雄:インドにおける暦
インドでは古代から「天体の学」(ジョーティシャ) は一方では祭式学の一部の暦法として、他方では占いの中心の占星術として学問の中核であった。多様な文化の中にあって、シャカ暦、ヴィクラマ暦、カリユガ暦などの紀年法は亜大陸全体で共通である。また民間暦(パンチャーンガ)は様々な地方的特徴を保ちながら祭式と占いの両面で現在に至るまで生活の基本になっている。本講演では暦に視点をおいてインド文化の特徴を考える。

後藤裕加子:春分と十二支─サファヴィー朝年代記のトルコ暦採用
近代以前のイスラーム諸王朝では、財務に地域固有の太陽暦を用いても、公的な記録には太陰暦のヒジュラ暦が使われた。16世紀初めにイラン高原に成立したサファヴィー朝では、年代記叙述に支配者の即位年と十二支を紀元とする太陽暦を導入するようになる。トルコ暦と呼ばれた太陽暦の元旦はイラン古来の太陽暦と同じく春分に置かれ、元旦は宮廷の祝祭行事となっていく。本報告では、サファヴィー朝の王権誇示手段のひとつとしてのトルコ暦採用について考える。


                      予約不要・入場無料

問い合わせ:東洋学・アジア研究連絡協議会事務局 (一般財団法人東方学会内:
  千代田区西神田2-4-1、Tel.03-3262-7221、E-mail: iec@tohogakkai.com)