一般財團法人東方學會 本文へジャンプ
      

                  シンポジウム
             「近未来の東洋学・アジア研究」
      ―言葉の重みを受けとめ、いかにその壁を超えるか―


                               東洋学・アジア研究連絡協議会会長 斎 藤  明
(趣旨)
 日本の東洋学・アジア研究の衰退の危機が指摘されて、すでに久しい時間が経過いたしました。その上、2015年6月には文部科学大臣より、人文・社会科学系の学科・学部の統廃合を進めるという通知も出され、日本学術会議や多くの大学・研究機関でも様々な対応に追われつつあります。
 このような危機の到来は、東洋学・アジア研究分野の研究者一人一人に対して、自己の学問のあり方を根本的に再検討しつつ、この危機を克服し関連する学問の新たな振興をめざすべきことを迫るものであります。それと同時に、自己の学問的ディシプリンや所属する研究機関・学協会の相異を超えて、多くの研究者が相互に連携・協同しあいながら、これに立ち向かっていくべきことを教えてもいます。
 今日、このような危機を克服する方策として、以下のことが重要ではないかと思われます。日本の東洋学・アジア研究は、近代的学問を相対化して、東洋・アジアの文化的諸価値を、時空を超えた世界の普遍的真理という一色の絵具で塗りこめないという長所を持ちつづけてきました。こうした長所を活かしながら、
  一、21世紀に生きる人間としての観点に立って、東洋・アジアにおける個別的な文化現象の諸価値を内在的に再構成すること。
 二、こうした個別的な文化研究の積み重ねを総括する中で、東洋・アジアから世界に向かって発信する新たな人間科学 (Human Sciences) を興こすこと。
これらを実現する道を切り拓いていくことが重要なのではないでしょうか。
 私たち、約40の学協会は、2004(平成16)年9月、東洋学・アジア研究連絡協議会を設立しました。その目的は、東洋・アジアの諸文化を各種のディシプリンをもって研究する学協会が、将来におけるこの学問の一層の振興を図り、そのために相互の学術交流と連絡協議を行い、また国際的な東洋学・アジア研究の動きにも対応すること、などにありました。
 東洋学・アジア研究連絡協議会は、以上の設立趣意と現状への課題意識に基づき、模索のための具体的な活動の一環として、2013(平成25)年12月からシンポジウム「東洋学・アジア研究の新たな振興をめざして」を5年間に亘って開催しました。今年度は新たに「近未来の東洋学・アジア研究」を表題として言葉に焦点をあて、下記の要領でシンポジウムを開催いたします。
 本シンポジウムではまた、私たちと課題意識を共有する日本学術会議の「アジア研究・対アジア関係に関する分科会」の代表委員より、昨年9月に公表された「提言: 新たな情報化時代の人文学的アジア研究に向けて」に関連する発表も受け、最後に、総括的な討論を行います。
 シンポジウムの講師は、近年、各分野において活発な研究活動を展開して新たな地平を切り拓こうと努めておられる先生方にお願いしました。
 研究者・学生・市民のみなさん、お誘いあわせの上、ふるってご参加下さい。

              シンポジウム「近未来の東洋学・アジア研究」
           ―言葉の重みを受けとめ、いかにその壁を超えるか―

日時:2018年12月15日(土)13時30分~17時
会場:東京大学法文2号館1番大教室 (文京区本郷)
開会挨拶:斎藤 明(国際仏教学大学院大学教授、東洋学・アジア研究連絡協議会会長)
総合司会:小島 毅 (東京大学教授)
報告:
 間野英二 (京都大学名誉教授):『バーブル・ナーマ』研究の軌跡―諸言語の壁を乗り越えて―
 戸内俊介 (二松学舎大学准教授): 出土文献から見る上古中国語の“文法化”について
 船山 徹 (京都大学教授):訳語の適性―「衆生」から「有情」へ、そして再び「衆生」へ―
 川島 真 (東京大学教授):中国の『大国化』と中国近現代史研究の変容
閉会挨拶:池田知久(東京大学名誉教授、東洋学・アジア研究連絡協議会顧問)

〔報告レジュメ集〕

間野英二:『バーブル・ナーマ』研究の軌跡―諸言語の壁を乗り越えて―
  中央アジアの出身で、16世紀の前半、インドにムガル朝を創設したバーブルが著した回想録『バーブル・ナーマ』についての発表者の研究の軌跡をたどり、①研究の壁となる言語がチャガタイ・テュルク語など多彩であり、②研究にはこの諸言語の壁を乗り超えねばならなかったこと、③この壁を乗り越え、多くの研究協力者の助力をも得て、多年を要する研究の成果を出版できれば、国際的にも評価を得る可能性があること、などについて説明したい。

戸内俊介: 出土文献から見る上古中国語の“文法化”について
 上古中国語(殷~前漢)は、出土文字資料研究の目覚ましい進展にともない、より詳密にその通時的変遷を追究できるようになった。しかしその研究には、甲骨文、金文、戦国竹簡といった、性格の大きく異なる資料を扱うための専門的知識が不可欠である。本発表では、このような出土文献の資料上の壁を乗り越えつつ、伝世文献を併用することで見えてくる上古中国語の言語変化の諸相を、言語学における“文法化”(grammaticalization)という枠組みを通して紹介したい。

船山徹: 訳語の適性―「衆生」から「有情」へ、そして再び「衆生」へ―
 仏典漢訳は七世紀の玄奘により転換した。梵語 sattva(生きもの)も旧訳「衆生」から新訳「有情」に変わった。だが「衆生」が消えたわけでなく、例えば八世紀初頭の義浄は「衆生」を積極的に用いた。「有情衆生」という奇妙な語も偽経も現れた。本稿は「衆生」から「有情」に変わった理由と,その後も「衆生」が残存した理由を一次資料に即して検討し,適切な訳語とは何かを探る。

川島真:中国の『大国化』と中国近現代史研究の変容
 中国は、その国力の増大に応じて人文科学、社会科学研究に多くの予算を充当してデータベースを作成し、また政治的要因などから文書館の閲覧条件が大きく制限されるなど、史料環境も大きく変化している。本報告では、近現代中国研究の直面している研究態様の変容、すなわち①中国自身の変容と方法論との関係、②新たな研究データベースや史料環境にまつわる課題、そして③成果の発信方法の変容などについて論点を提示したい。

                      予約不要・入場無料

問い合わせ:東洋学・アジア研究連絡協議会事務局 (一般財団法人東方学会内:
  千代田区西神田2-4-1、Tel.03-3262-7221、E-mail: iec@tohogakkai.com)