一般財團法人東方學會 本文へジャンプ

財団法人東方学会 平成29年度事業報告

Ⅰ.出版編纂事業
1.機関誌「東方学」及び記念号の刊行
1) 機関誌「東方学」の刊行 本年度においては、「東方学」第134輯・第135輯を下記の通り刊行した。
(1)第134輯 (29年7月刊) A5判、本文9P二段組、総218頁、2,100部
   (内容) 論文6篇、内外東方学界消息3篇、座談会、追悼文3篇、事業報告、英文論文要旨
○論文
  清末『申報』に見る律師観の進展と訟師観の推移――訟師から律師へ(一) (夫 馬  進)
  法蔵の著作の撰述年代について (ウィックストローム ダニエル)
  十七世紀後半における北部ベトナムの内陸交易――諒山地域を中心に (吉 川 和 希)
  清代の墳樹紛争に見る福建宗族の資源獲得戦略――清流安豊羅氏を例として (魏  郁 欣)
  『紅楼夢』後四十回における「五兒“復活”」と太虚玄境 (船 越 達 志)
  接辞重複問題に見るパタンジャリの言語理論   (川 村 悠 人)
○内外東方学界消息
  ロンドン “Law and Writing Habits in the Ancient World” 学会参加記  (佐 川 英 治)
  中央アナトリアの前期鉄器時代――カマン・カレホユック発掘調査を通して ( 大 村 幸 弘)
  周有光先生を偲ぶ――周有光先生と語文運動  (中 川 正 之)
○座談会「学問の思い出」――興膳宏先生を囲んで
  〔出席〕興膳 宏、横山 弘、川合康三、赤尾栄慶、道坂昭広、木津祐子 (司会)、二宮美那子
○追悼文 福井文雅先生のご逝去を悼む (森  由利亜)
  追悼 福井文雅先生  ( 山 田 利 明)
  尾上兼英先生を悼む  (大 木  康)
○編輯後記 (高津孝)

(2)第135輯 (30年1月刊) A5判、本文9P二段組、総160頁、2,100部
   (内容) 論文5篇、内外東方学界消息1篇、東方学会賞発表 (第36回)、平成29年度秋季学術大会
       講演・シンポジウム発表要旨、座談会、英文論文要旨
○論 文
  宋代湖南学の思想的位置 (土田 健次郎)
 北魏文明太后崩御時における孝文帝の服喪儀礼 (山 下 洋 平)
  梁の寶唱『比丘尼伝』の定型表現――選者問題解決のために  (船 山   徹)
  韓元震『儀礼継伝通解補』について ――李氏朝鮮に於ける朱熹『儀礼継伝通解』受容の一側面
                                                      (廖  明 飛)
  新疆建省前後における協穹の変遷――甘粛新穹に注目して  (上出 徳太郎)
○内外東方学界消息
 マンジュ語檔案資料に関する国際会議 (承志 [Kicengge])
○第36回平成29年度東方学会賞発表
○平成29年度秋季学術大会講演・シンポジウム発表要旨
○座談会 「学問の思い出」――礪波護先生を囲んで
   〔出席〕礪波護、井波陵一、浅見直一郎、中砂明徳 (司会)、江川式部、承 志、今西智久
○編輯後記 (宇佐美文理)

  本年度における「東方学」への応募論文は総数34篇、編集委員会の審議を経て、このうち9篇 (委嘱巻頭論文2篇を加えて11篇) を上記の通り、第134輯・第135輯に掲載発表した。

2) 第36回東方学会賞
  東方学会賞については、5月31日に全役委員に推薦依頼を行い、8月30日に選考委員会を開催し、下記の通り2名の授賞者が決定した。贈呈式は、平成29年度秋季学術大会 (11月11日、日本教育会館) において行われた (別項II-4参照)。選考委員並びに授賞者は以下の通り。
  ○東方学会賞選考委員会   委員:金子修一、釜谷武志、木田章義、斎藤 明、土田健次郎
  ○授賞者 馬場紀寿: 論文「スリランカにおける史書の誕生」(「東方学」133輯) およびこれと関連する
          研究活動
         板橋暁子: 論文「西晋愍帝政権再攷――長安からの「中興」と秩序形成」(「東方学」132輯)
          およびこれと関連する研究活動

3)出版総目録の刊行
  本年度は、6月に創立70周年を迎え、それを記念して本会の出版総目録を下記の通り刊行した。
    『創立70周年記念東方学会出版総目録』(29年5月31日刊) B5判、本文8P横一段組、総282頁、200部

2.ACTA ASIATICA: Bulletin of the Institute of Eastern Culture及び英文単行本の刊行
 本年度においては、「ACTA ASIATICA」No. 113およびNo. 114を下記の通り刊行した。また、平成30年度刊行分として、No.115「漢字文化圏の医療と自国化」(責任編集:真柳誠) 及びNo.116「中朝日三国坊刻本の出現とその展開」(責任編集:藤本幸夫) をそれぞれ準備中で、本年度中に10篇の論文を入手して翻訳作業に着手した。

(1) No.113 (29年8月刊) B5判、本文11P・脚注9P横一段組、総154頁、750部
  Computational Arts (Shu-shu) and Intellectual Thought in Traditional Chinese Society
  (特集「中国伝統社会における術数と思想」: 責任編集 池田知久)
  [CONTENTS]
  IKEDA Tomohisa 池田知久: Introduction
  LI Ling 李零: The Revolution in Shu-shu: From Divination Using Tortoiseshells and Yarrow Stalks to
    Shih
Methods and Selection
  KUDŌ Motoo 工藤元男: Local Government Officials and Shu-shu: A View from Daybooks (Jih-shu)
  TAKEDA Tokimasa 武田時昌: The Six Incurables and Four Difficulties: An Examination of the
    Paradigms of Chinese Medicine from the Perspective of Shu-shu Studies
  KAWAHARA Hideki 川原秀城: A Third Thesis concerning Shu-shu: Is Neo-Confucianism the Study
    of Shu-shu?
  MINAKUCHI Takuju 水口拓寿: Perceptions of “Water Quality” in Early-Ch‘ing Feng-shui Texts: An
    Inquiry into Shen Hao’s
 
List of Contributors
(2) No. 114 (30年2月刊) B5判、本文11P・脚注9P横一段組、総110頁、750部
  Shih-lu / Sillok / Thực Lục / Jitsuroku in Modern East Asia
  (近代東アジアにおける “実録”: 責任編集 中見立夫)
  [CONTENTS]
  NAKAMI Tatsuo中見立夫: Introduction
  NAKAMI Tatsuo: Aspects of the Compilation of Shih-lu / Sillok / Thực Lục / Jitsuroku in East Asia
  IWAKABE Yoshimitsu岩壁義光: The Compilation of Imperial Annals by the Imperial Household Ministry
    since the Meiji Era: The Creation of a New Tradition
  NAGASHIMA Hiroki永島広紀: The Compilation of the Annals of the Korean Emperors Kojong and
    Sunjong by the Japanese Imperial Household Library and the Yi Royal Household
  NAKAMI Tatsuo: The Study and Publication of Shih-lu / Sillok / Thực Lục / Jitsuroku by Japanese
    “Oriental Historians”
  IWAKABE Yoshimitsu: An Outline of the Compilation of the
 
NAKAMI Tatsuo: Concluding Remarks: Why Did the Japanese Evince Such an Interest in Jitsuroku
    and Will Their Compilation Continue in the Future?
  List of Contributors
  なお、本年度における英文単行本の企画はなかった。

3.TRANSACTIONS OF THE INTERNATIONAL CONFERENCE OF EASTERN STUDIES No. LXII, 2017
   (国際東方学者会議紀要 第62冊) の刊行
 本年度においては、第62回国際東方学者会議 (ICES) 東京会議・関西部会の会議運営経過、研究発表のフルテキスト(2篇)、要旨 (25篇)、チェアマンズレポート (5篇)、講演要旨 (2篇) 等を収録し、第62冊として刊行した (別項Ⅱ-1参照)。
  平成30年1月刊、A5判、本文8P及び9P横一段組、総138頁、1,200部
 [CONTENTS]
  62nd International Conference of Eastern Studies
  Opening Address and Congratulatory Message
  Research Papers (full texts):
   NAGATA Tomoyuki, Differences between old manuscripts and printed editions of the Han-shu: With
     a focus on the text of a Tun-huang manuscript and editorial glosses in a Southern Sung edition
   Steffani M. BENNETT, The politics of prayer: Sesshū’s Tōyō’s Thirty-three Kannon paintings and
      Ming-dynasty illustrated Guanyin Sutras
  Other Papers Presented (abstracts):
  〈Symposium I〉
   ZHANG Xiaoyan, An investigation into the surname “Chiu” seen in Tun-huang documents
   ZHAO Jing, T‘ang-dynasty official procedures for dealing with dead livestock as seen in
     documents from Tun-huang and Turfan: Reexamining the reconstruction of Articles from
     parts of the T‘ang statutes and T‘ang ordinances
   YAMAMOTO Takako, Changes in the format of Chinese epistolary documents from the late T‘ang
      and Five Dynasties to the Sung: Through an examination of P.3449+P.3864
   IWAO Kazushi, Tun-huang manuscripts of the Old Tibetan Chronicle and Old Tibetan Annals and
     their dates
  〈Symposium II〉
   JU Chiou-er, The Confucian poets Matsunaga Sekigo and Kinoshita Jun’an: Their perceptions of
     Japanese and Chinese and the formation of their poetic styles
   TAKAYAMA Daiki, The Hayashi family’s question-and-answer style of writing: With a focus on
     Hayashi Gahō and Dokkōsai
   YAMAMOTO Yoshitaka, Muro Kyūsō’s poems about the mid-autumn moon
   MIYAZAKI Shūta, Hattori Nankaku’s reception of Po Lo-t‘ien’s poems
   FUKUI Tatsuhiko, The repercussions of Yamamoto Hokuzan’s Sakushi shikō
   IKEZAWA Ichirō, The precision of research into T‘ang-Sung poetry seen in the poems of Ōnuma
     Chinzan: With a focus on rhyme-matching poems and poems on objects
  〈Symposium III〉
   SUZUKI Noriko, Developments in early modern balneotherapy in Japan and the transformation of
     hot-spring cures
   NAGANO Hitoshi, The transformation of Japanese acumoxa brought about by the adaptation of
     passages from Chinese medical works of the Ming period
   SHIN Dongwon, From hyangyak (local medicine) to tongŭi (eastern medicine): The development of
     self-awareness in indigenous medical traditions in premodern Korean medical history
   MAYANAGI Makoto, The traditions and characteristics of Vietnamese medicine
  〈Symposium IV〉
   SAITŌ Akira, The translation of Buddhist texts, past and present: Chinese translations and Tibetan
      translations
   FUNAYAMA Tōru, Two sides of Chinese translations of Buddhist texts: What comes to light
     beneath the surface
   BABA Norihisa, Resisting translation: The notion of Pāli as the language of the Buddhist scriptures
     in the Mahāvihāra school of Theravāda Buddhism
   YE Shaoyong, What appears between Sanskrit and Chinese translation: A case study of Kumārajīva’s
     translation of the *Madhyamakaśāstra
   YOSHIMIZU Chizuko, The background to the transmission of ideas through Tibetan translations of
     Buddhist texts: Translation and instruction
   Stefano ZACCHETTI, Reading obscure translations in early medieval China
  〈Asian Art History Session〉
   KUMASAKA Satomi, Development of medium-sized caves with niches in three walls of the Yün-kang
      grottoes
   MA Wei, A study of a stele engraved with images of a nun and Dharmākara: An inquiry into styles of
     Buddhist statues
   LUO Ling, A “back-screen” Buddhist sculpture with an inscription dated T‘ien-chien 15 of the Liang
     discovered along lower T‘ung-jen road in Ch‘eng-tu
   LEE I-jan, Hsüeh An’s Lo-han t‘u-ts‘e and the Dhūta teaching of the Yüan period
   MARUYAMA Nobuhiko, A historical reexamination of the painter Miyazaki Yūzen
 Chairpersons’ Reports:
   Symposium I: The Current State of Tun-huang Studies (TAKATA Tokio)
   Symposium II: Ideas and Expression in Early Modern Kanbun Literature (GŌYAMA Rintarō)
   Symposium III: Medical Treatment and Its Indigenization in the Sinographic Cultural Sphere
     (MAYANAGI Makoto)
   Symposium IV: Aspects of the Translation of Buddhist Texts: The Situation in the Northern and
     Southern Traditions (SAITŌ Akira)
   Asian Art History Session (NEDACHI Kensuke)
 Lectures at the Kansai Session (abstracts):
   Samuel MORSE, Replications: Sacred images and the Buddhist sculpture of the Chūsei period
    YOSHIKAWA Shinji, Current thinking on Japan’s “national culture” during the Heian period
 List of Speakers

4.「東方学会報」の刊行
 本会会務・事業の広報を目的とする本会報は、本年度においてはNo. 112とNo. 113を刊行し、全会員ならびに関係学協会・団体機関に配布した。
  (1) No. 112 (29年7月刊) A5判、本文8P縦三段組、48頁、2,200部
  〔内容〕
   ○創立70周年記念大会の開催―東京大学山上会館でシンポジウムを開催―
    創立70周年記念大会報告 (小島毅)
   ○第62回国際東方学者会議の開催―2日間のプログラムに9ヶ国287名が参加―
    [シンポジウム報告]
     I. 敦煌学の現在 (高田時雄)
    II. 近世日本漢文学の思想と表現 (合山林太郎)
    III. 漢字文化圏の医療と自国化 (真柳誠)
    IV. 仏典翻訳の裏表―南北両伝の翻訳事情 (斎藤明)
    東洋美術史部会 (根立研介)
  ○[海外学者の招聘]第62回ICES・創立70周年記念大会に5ヶ国から8名の研究者を招聘
  ○[研究室便り・第85回]佛教大学における東方学 (中原健二)
  ○若手研究者の研究会等支援事業 [報告]
    「東アジア歴史学において日本史学が果たす役割」若手ワークショップ(新居洋子)、
   大元大明研究会(『大元一統志』『大明一統志』比較研究会)(小二田章)、
   「古代東アジア世界における地方統治行政と民衆」ワークショップ(吉永匡史)、
   「日中歴史学研究の最前線」ワークショップ(三浦雄城)、
   国際研究集会「東アジアの皇后儀礼の比較研究」(稲田奈津子)
  ○新会員紹介(30氏)  ○福井文雅元理事の逝去  ○訃報  ○退会者
  ○[役員改選]池田知久教授が2期目の理事長に就任― 一般財団法人第4期執行部の発足
  ○会員通信 (38氏)  ○会費免除会員  ○国際集会案内 (第62回)

  (2) No. 113 (29年12月刊) A5判、本文8P縦三段組、28頁、2,200部
  〔内容〕
  ○平成28年度秋季学術大会の開催―恒例のシンポジウム2部会を設置
   [シンポジウム報告]
     I.中・朝・日三国坊刻本の出現とその展開 (藤本幸夫)
    II. 明末清初研究の新動向I―接触と交流 (岸本美緒)
  ○第9回日中学者中国古代史論壇の開催 (渡邉義浩)
  ○[研究室便り・第86回]日本大学文理学部における東洋学の研究と教育 (松重充浩・小浜雅子)
  ○若手研究者の研究会等支援事業[報告]
   研究会「神異僧が導く美術品伝播の様相に関する基礎的研究 (田林啓)
 ○会員通信 (44氏)  ○新会員紹介 (13氏)  ○訃報  ○国際集会案内 (第63回) 

                           ▲top

Ⅱ.内外学界交流事業
1.第62回国際東方学者会議 (62nd International Conference of Eastern Studies) の開催
 国際東方学者会議 (ICES) は、本年度において第62回会議を下記の通り開催した。参加者は、延べ9ヶ国287名であった (日本人233名、外国人54名)。
 〔東京会議〕
 日時:5月19日(金) 午前10時~午後7時10分
 会場:日本教育会館8階会議室 (千代田区一ツ橋)
 参加者:9ヶ国242名 (日本人193名、外国人49名)
  〇開会式 (801・802会議室) (午前10時~10時25分)
    挨拶:理事長・ICES運営委員会代表 池田知久
    祝辞:外務省報道・広報・文化交流担当参事官 大鷹正人
 〇シンポジウム (午前10時30分~午後5時)
  Ⅰ.敦煌学の現在 (801・802会議室)
    司会=高田時雄(京都大学名誉教授)
    趣旨説明=高田時雄
    発表=永田知之(日本)、張小艶(中国)、趙晶(中国)、山本孝子(日本)、岩尾一史(日本)
    コメント=氣賀澤保規(日本)
  Ⅱ.近世日本漢文学の思想と表現(805会議室)
   司会=大谷雅夫(日本)、合山林太郎(日本)
   趣旨説明=合山林太郎
   発表=朱秋而(台湾)、高山大毅(日本)、山本嘉孝(日本)、宮崎修多(日本)、福井辰彦(日本)、
       池澤一郎(早稲田大学教授)
  Ⅲ.漢字文化圏の医療と自国化 (807・808会議室)
   司会=武田時昌(日本)
   趣旨説明=武田時昌、真柳誠(日本)
   発表=鈴木則子(日本)、長野仁(日本)、申東源(韓国)、真柳誠
   コメント=鈴木達彦(日本)、猪飼祥夫(日本)、任正爀(朝鮮)、小曽戸洋(日本)
  Ⅳ.仏典翻訳の裏表―南北両伝の翻訳事情―(803・804会議室)
   司会=斎藤明(日本)
   趣旨説明=斎藤明
   発表=斎藤明、船山徹(日本)、馬場紀寿(日本)、葉少勇(中国)、吉水千鶴子(日本)、ステファノ・
       ザケッティ(イタリア)
   コメント:船山徹
 東洋美術史部会(806会議室)
   司会=根立研介(日本)、板倉聖哲(日本)
   発表=熊坂聡美(日本)、馬偉(中国)、羅玲(中国)、李宜蓁(台湾)、ステファニー・ベネット(米国)、
       丸山伸彦(日本)
 ○歓迎パーティー (午後5時10分~午後7時10分) (九階〝飛鳥〟の間)
   歓迎挨拶=岸本美緒(東方学会東京支部長)
   挨拶=ステファノ・ザケッティ(オックスフォード大学教授)
   乾杯=礪波護(東方学会京都支部長)
 〔関西部会〕
 日時:5月27日(土) 午前10時45分~午後4時40分
 会場:京都市国際交流会館 (京都市左京区粟田口鳥居町)
 参加者:5ヶ国45名 (日本人40名、外国人5名)
 〇開会挨拶 (イベントホール) 京都支部長 礪波 護
 〇講演会 (午前11時~午後1時20分)
   リプリケーション〈複製〉――中世彫刻と聖像  サミュエル・モース (米国、アマースト大学教授)
    講師紹介・司会=根立研介 (京都大学教授)
   国風文化論の現在  吉川真司 (京都大学教授)
    講師紹介・司会=上島享 (京都大学教授)
 ○昼食懇親会 (午後1時30分~2時20分) 2階特別会議室
  挨拶・乾杯=池田知久 (東方学会理事長)
 ○参観 (午後3時~4時) バス移動、現地解散 安楽寿院(伏見区竹田内畑町) 参加者32名

2.海外学者の招聘
 第62回国際東方学者会議 (ICES) 及び創立70周年記念大会の開催に際して、5ヶ国から8名の海外学者を招聘した。
 まず、ICES東京会議のパネリストとして、「敦煌学の現在」シンポに張小艶氏 (中国、復旦大学出土文献与古文字研究中心教授) と趙晶氏 (中国、中国政法大学副教授)、「近世日本の漢文学の思想と表現」シンポに朱秋而氏(台湾、国立台湾大学教授)、「漢字文化圏の医療と自国化」シンポに申東源氏 (韓国、全北大学校教授)、「仏典翻訳の裏表―南北両伝の翻訳事情」シンポに葉少勇氏(中国、北京大学梵文貝葉経与仏教文献研究所副教授)とステファノ・ザケッティ氏(Stefano ZACCHETTI、イタリア、オックスフォード大学教授)、ICES関西部会にサミュエル・モース氏 (Samuel MORSE、米国、アマースト大学教授) を、それぞれ招聘した。
 また、創立七十周年記念大会に孫歌氏 (中国、中国社会科学院文学研究所研究員) を、秋季学術大会に李胤錫氏 (延世大学校名誉教授) を招聘した。
 張、朱、申、ザケッティ、モース、孫、李の7氏については、本会独自で招聘し、趙、葉の両氏は科研費で招聘した。

3.中国社会科学院歴史研究所との交流
  中国社会科学院歴史研究所との間で中国古代史論壇を中国と日本で交互開催する5年間の交流協定を平成21 (2009) 年8月に締結した(2012年に5年間の延長協定を締結)。その交流協定に基づいて、第9回論壇が平成29 (2017) 年8月25日~27日の3日間開封の河南大学において下記の通り開催された。参加者は日本から8名、中国側約50名。なお、8月26日には中国社会科学院歴史研究所と2019年より「中国文化研究国際論壇」を交互に開催する5年間交流協定を締結した。
  〔第9回日中学者中国古代史論壇〕
  日時:8月25日(金) ・26日(土) 、午前9時~午後5時30分
  会場:河南大学中州国際金明酒店
  共催:中国社会科学院歴史研究所、東方学会、河南大学
  テーマ:東アジア社会と文化交流
  次第: 2017年8月25日(金)
  ○開幕式 (第1会議室) 9:00-9:40
   主持人:朱昌栄 (社会科学院歴史研究所副研究員)
   挨 拶:張寶明 (河南大学副校長)、池田知久 (東方学会理事長)、
       卜憲群 (中国社会科学院歴史研究所所長)
  ○専題講演(第1会議室)10:10-12:00
   主持人: 池田知久
   講 演: 陳支平 (厦門大学歴史系教授): 明代海上絲綢之路発展模式的歴史反思
   岸本美緒 (お茶の水女子大学教授):鴉片戦争情報与徳川末期日本―《夷匪犯境録》的編写与伝播
   卜憲群:釈“治理”
   程民生 (河南大学歴史文化学院教授):《清明上河図》的文化奇観
  ○第一組 (第1会議室) 14:30-17:30
   主持人:岸本美緒、評論人:陳偉 (武漢大学歴史系教授)
   卜憲群: 釈“治理”
   渡邉義浩 (早稲田大学教授):両位“親魏”王
   主持人:卜憲群、評論人:渡邉義浩
   陳偉:岳麓書院秦簡《徭律》簡244~247再探
   郭善兵 (河南大学歴史文化学院教授):曹魏与邪馬臺国始通使年再考弁
  ○第二組 (第4会議室) 14:30-17:30
   主持人:堀川貴司 (慶応義塾大学斯道文庫教授)、評論人:趙瑩波 (上海大学外国語学院教授)
   烏雲高娃 (中国社会科学院歴史研究所研究員):一三~一四世紀東亜国際秩序及資訊溝通
   井川義次 (筑波大学教授):宋明理学向東亜展開以及流入欧美
   主持人:烏雲高娃、評論人:西山尚志 (山東大学儒学高等研究院副教授)
   董保民 (河南大学歴史文化学院教授):Building State Capacity :A Quantification of Pre-Chin China
   孫昊 (中国社会科学院歴史研究所助理研究員):製造“夷狄”:古代東亜世界渤海“首領”的歴史話語
    及其実践
  ○第三組 (第5会議室) 14:30-17:30
   主持人:趙炳清 (河南大学歴史文化学院教授)、評論人:孫衛国 (南開大学歴史学院教授)
   陳支平 (厦門大学歴史系教授): 明代海上絲綢之路発展模式的歴史反思
   趙現海 (中国社会科学院歴史研究所副研究員):明代的海洋観念与軍鎮防禦体系
   主持人:牛建強 (河南大学歴史文化学院教授)、評論人:段自成 (河南大学歴史文化学院教授)
   孫衛国:清官修《明史》対万暦朝鮮之役的歴史書写
   陳尚勝 (山東大学歴史文化学院教授):壬辰戦争与晚明社会対日本的認識
  8月26日(土)
  ○第一組 (第1会議室) 9:00-12:00, 14:00-16:10
   主持人:董保民、評論人:牧角悦子 (二松学舎大学教授)
   岸本美緒:鴉片戦争情報与徳川末期日本―《夷匪犯境録》的編写与伝播
   解揚 (中国社会科学院歴史研究所副研究員):徳川漢文政書《無刑録》的文献規模与撰著特色
   主持人:牧角悦子、評論人:郭善兵
   安子毓 (中国社会科学院歴史研究所助理研究員):漢武帝功過及其文化影響
   白金 (河南大学歴史文化学院副教授):劉禹錫在永貞革新中的作用
   主持人:渡邉義浩、評論人:白金
   牧角悦子:“花開”或是“花笑”
   閔祥鵬 (黄河文明伝承与現代文明建設共同創新中心副教授):中西宗教信仰中的動物意象差異
  ○第二組 (第4会議室) 9:00-12:00, 14:00-16:10
   主持人: 渡邉義浩、評論人: 井川義次
   西山尚志:王国維“二重証拠法”的形成与日本学者
   戴衛紅 (中国社会科学院歴史研究所副研究員):韓国木簡所見百濟戸籍
   主持人: 井川義次、評論人:烏雲高娃
   趙瑩波:浅析明朝初期日本博多、赤間関和兵庫東亜航線上的“僧侶外交”
   柳岳武 (河南大学歴史文化学院副教授):清代天主教“東輸”朝鮮考
   主持人: 西山尚志、評論人:解揚
   堀川貴司:“五山文学”中富士山的表像
   孫建国 (河南大学経済学院教授): 従日本問屋制度看工業化路徑的転変
  ○第三組 (第5会議室) 9:00-12:00, 14:00-16:10
   主持人: 孫衛国、評論人:張瑞雲 (河南大学歴史文化学院講師)
   趙炳清:両種不同形態的市場
   仝相卿 (河南大学歴史文化学院講師):北宋碑誌文形成中的喪家因素
   主持人: 趙現海、評論人:汪維真 (河南大学歴史文化学院教授)
   劉中玉 (中国社会科学院歴史研究所副研究員):古巖普就与元中期曹洞宗風的再振
   曹江紅 (中国社会科学院《中国史研究》編集部):恵棟晚年与揚州学術文化
   主持人: 賈玉英 (河南大学歴史文化学院教授)、評論人:田志光 (河南大学歴史文化学院副教授)
   祁琛雲 (河南大学歴史文化学院副教授):資序家世、地理空間与職任遷転
   張文勇 (河南大学歴史文化学院副教授):“郷原体例”在宋代民事審判中的証拠功能
  ○閉幕式 (第1会議室) 16:30-17:30
   主持人:苗書梅 (河南大学歴史文化学院長)
   第一組総括:郭善兵、第二組総括:井川義次、第三組総括:趙現海
   全体総括:李振宏 (河南大学歴史文化学院教授)
   挨拶:池田知久
  ○参観 (8月27日):繁塔、鉄塔、河南大学構内、大宋国寺、山陝甘会館、開封城外城西門発掘現場

4.秋季学術大会及び講演会等の開催
(1) 秋季学術大会の開催  
 29年度の秋季学術大会は、東京支部の主催により下記の通り開催した。参加者138名。
  〔平成29年度秋季学術大会〕
  日時=11月11日(土) 午前10時~午後7時
  会場=日本教育会館8階会議室
  次第= 開会挨拶:東京支部長 岸本美緒
  講演会 (10時10分~12時20分)
    魏晋『荘子』注釈史における郭象の位置     京都大学人文科学研究所准教授 古勝 隆一
                              (講師紹介・司会) 京都大学名誉教授 池田 秀三
    孝子舜故事の変遷―『尚書』から現代まで―           鶴見大学文学部教授 金  文京
                                 (講師紹介・司会)早稲田大学教授 岡崎 由美
  役委員懇談昼食会 (12時35分~1時15分)
  シンポジウム (1時30分~5時)
   I. 中・朝・日三国坊刻本の出現とその展開 (企画責任者:藤本幸夫)
    中国書肆史考―近世を中心に―           東京大学東洋文化研究所教授 大木  康
    明末清初の坊刻における江西の位置付けについて         山梨大学准教授 上原 究一
    朝鮮出版文化における坊刻本の性格と位置              延世大学校教授 李  胤錫
    本屋と出版―江戸時代における書籍文化の特質            中央大学教授 鈴木 俊幸
    朝鮮坊刻本以前                             富山大学名誉教授 藤本 幸夫
  II. 明末清初研究の新動向I―接触と交流― (企画責任者:岸本美緒)
    倭寇・仏郎機・「奸貧之徒」と16世紀の日中関係―「互市体制」論によせて
                                       国際基督教大学准教授 オラー・チャバ
    明末清初期における朝鮮の対外交易と士大夫          横浜国立大学准教授 辻  大和
    明末における火器の使用と交流に関する一考察      西南学院大学非常勤講師 久芳  崇
   コメント:奈良大学准教授 山崎  岳
  第36回東方学会賞贈呈式(5時10分~5時30分)
   選考経過報告:選考委員会代表 木田章義
   授    賞:理事長 池田 知久
(2) 講演会等の開催 本年度においては、下記の通り、創立70周年記念大会を開催するとともに、本会の
  所属する東洋学・アジア研究連絡協議会の講演会を開催した (II-7参照)。
   〔東方学会創立70周年記念大会〕
   日時:平成29年6月17日(土) 午後1時~7時30分
   会場:東京大学山上会館2階大会議室
   次第:
   ○挨拶:理事長 池田知久
   ○祝辞:外務省国際文化交流審議官 下川眞樹太 (代読:河口英雄)
   ○シンポジウム「東方から見た東方学―その多様性と可能性」(企画・司会:小島毅)
     講演:孫歌 (中国社会科学院文学研究所研究員)「竹内好のアジア観とその周辺」
     パネルディスカッション:船山徹 (京都大学教授、仏教学)、須江隆(日本大学教授、中国史)、
                    高岸輝 (東京大学准教授、美術史)、小島毅 (東京大学教授、中国哲学)
   ○記念式典:功労者表彰、職員永年勤続表彰
   ○祝賀会 (1階談話ホール)
 なお、記念大会の開催に際し、『東方学会出版総目録』〔I-1-3)〕と『東方学会70年の歩み』を刊行し、参加会員に無料配布した。
   『東方学会70年の歩み』和文、A5判、本文8P横1段組、総60頁、5月31日刊行、200部

   〔東洋学・アジア研究連絡協議会主催シンポジウム「東洋学・アジア研究の新たな振興をめざして
   Part V―国際学術協力と情報発信」〕(12月16日、東京大学法文2号館1大教室)

5.翻訳・英文校訂サービスの提供  
  国際学術交流推進の基礎的事業として平成10年度から開始した本事業は、ホームページや「東方学会報」誌上で常時案内を行っており、好評裡に推移している。本年度における実施件数は以下の通りであった。
  ○「東方学」収載論文要旨の英訳・ネイティブチェック 11件
  ○論文要旨の英訳                       76件
  ○英文要旨のネイティブチェック               6件
  ○論文 (国際会議発表論文を含む) の英訳        9件

6.若手研究者の研究会等支援事業
 平成23年度から、若手研究者の学際的な研究を推奨し、研究者間の直接交流を促し、斯学の発展・普及を図るため、若手研究者の研究会等支援事業を行なっている。助成額は1件5万円、年間10件以内で、質を確保するため申請者を45歳以下の会員に限定しているものの、参加者や使途に制限はない。なお、開催後1か月以内の報告書 (800字、「東方学会報」に収載) 提出が義務付けられている。ホームページ・「会報」等で募集を行っているが、29年度においては追加募集を含め採択は下記5件であった。採否は理事会において決定する。
  〔平成29年度採択分 (開催順、年齢・所属は申請時)〕
   1) 申請者:稲田奈津子 (東京大学史料編纂所助教) 41歳
     会議名:東アジア后位比較史研究会
     開催日時:2017年4月2日(日)
     会 場:東京大学史料編纂所演習室
    2) 申請者:田林啓 (白鶴美術館学芸員) 34歳
     会議名:神異僧が導く美術品伝播の様相に関する基礎的研究
     開催日時:2017年8月26日
     会場:白鶴美術館講義室
   3) 申請者:新作慶明 (武蔵野大学講師) 33歳
     会議名:中観派ワークショップ2017「『明句論』第18章のテキストクリティークと思想解明」
    開催日時:2017年12月23日・24日
    会 場:武蔵野大学(有明キャンパス)
   4) 申請者:小野響 (立命館大学大学院博士課程在学) 27歳
    会議名:東アジア世界における「内」と「外」ワークショップ
    開催日時:2018年3月10日
    会 場:早稲田大学戸山キャンパス
   5 申請者:小二田章 (早稲田大学文学学術院助手) 37歳
     会議名:大元大明研究会
     開催日時:2017年3月22日
     会 場:早稲田大学戸山キャンパス第5会議室

7.国際アジア・北アフリカ研究会議 (ICANAS) 関係業務
 本業務は、平成16年末のICANAS日本国内委員会解散以来、本会がその業務を引き継いだものであるが、現在休眠状態にある。

8.東洋学・アジア研究連絡協議会の事務局業務
 標記協議会は、平成29年12月16日(土)に東京大学法文2号館教員談話室において2017年度総会を開催し、事務局ではその開催準備を行った。年度末における参加学協会は正会員34、オブザーバー2の計36団体であった。なお、協議会では下記講演会を開催した。
  〔シンポジウム〕
   「東洋学・アジア研究の新たな振興をめざしてPart IV―国際学術協力と情報発信」
  会場:東大法文2号館1大教室
   日時:平成29年12月16日(土) 午後1時30分~5時30分、参加者33名
   司会:堀池信夫(筑波大学名誉教授)
   趣旨説明:斎藤明 (国際仏教学大学院大学教授、東洋学・アジア研究連絡協議会会長)
   発表:常木晃 (筑波大学教授)「シリア内戦下の文化遺産保護に関する国際協力」
       相田満 (総合研究大学院大学准教授)「和漢比較文学会海外特別例会の歩み」
      米野みちよ (東京大学東洋文化研究所准教授)「「新アジア研究」と出版―知の生産と格差」
      月脚達彦(東京大学教授):「第23期日本学術会議・アジア研究・対アジア関係に関する分科会
       『提言: 新たな情報化時代の人文学的アジア研究に向けて』について」
  閉会挨拶:池田知久(東京大学名誉教授、東洋学・アジア研究連絡協議会顧問)
  共催:日本学術会議「アジア研究・対アジア関係に関する分科会」

9.「儒蔵」日本編纂委員会の事務局業務  
 中国・日本・韓国・越南の漢文体で撰述された重要な儒学典籍を網羅し、校訂・解題を加えて編纂する「儒蔵」編纂事業が、2003年12月に中国 (北京大学「儒蔵」編纂中心) において開始された。中国側の依頼を受けて、日本における儒学典籍に校訂・解題を付けて編纂する「儒蔵」日本編纂委員会が2006 (平成18) 年9月に組織され、本会に事務局が置かれている。本会事務局では、中国からの書籍の受け入れなどを行った。

10.ホームページによる情報の提供  
 平成14年4月に開設した本会ホームページについては、事業及び財務等に関する資料の情報公開をするとともに、逐次情報の集積と更新を行い、以下の項目をもって広く情報の提供を行った。
  〔内容〕
  ○東方学会要覧(沿革・目的/役員/歴代会長・理事長/入会案内・会員規定/定款)
  ○事業(出版編纂/内外学界交流/会員関係/図書室/事業計画・事業報告 [事業計画・収支予算、
   事業報告・収支決算])
  ○機関誌「東方学」(執筆要領/最新号)
  ○東方学会賞(規定/受賞者一覧)
  ○出版物(出版物の購入/出版目録 [東方学、ACTA ASIATICA、国際東方学者会議紀要、東方学会報、
   東方学論集、記念論集、英文単行本])
 ○若手研究者の研究会等支援事業(実施要項・助成実績)
 ○会議案内 (国際東方学者会議 [ICES]/秋季学術大会・会員総会/日中学者中国古代史論壇/国際
   アジア・北アフリカ研究会議 [ICANAS] 情報)
 ○東洋学・アジア研究連絡協議会

                           ▲top

III.図書室事業
1.内外研究情報・資料の交換・斡旋と図書室の整備
 本会出版物を内外関係大学・研究機関に送付し、資料の交換・寄贈を求める本事業は、国際交流基金による「ACTA ASIATICA」の買上げ措置が平成22年度以後中止となったものの、資料送付の継続性を重視し、数を減ずることなく寄贈を行っている。この出版交流における各出版物の送付件数は、「ACTA」各565件567冊、「紀要」660件660冊、「東方学」各393件396冊であった。また、本会が交換・寄贈を受けた東方学関係図書・雑誌・研究資料、及び購入図書等、本年度における新收図書は、国内発行・海外発行併せて34冊、雑誌は国内発行273種700冊、海外発行82種250冊であった。
  〔資料送付及び受領部数〕
  ○国内:機関誌「東方学」、「ACTA ASIATICA」、「国際東方学者会議紀要」、「東方学会報」など本会
   出版物を359団体に寄贈し、公刊資料との交換を求めた。これに対する本会の受領件数は、単行本
   26冊、雑誌273種700冊であった。
  ○海外:同じく上記本会刊行物 (「会報」を除く) を海外の662団体機関に寄贈し、公刊資料との交換を
   求めた。これに対する本会の受領件数は、単行本8冊、雑誌82種250冊であった。

2.録音資料の保存
 本年度においては、「学問の思い出」シリーズで、5月に礪波護先生 (企画=中砂明徳) を、また11月には松丸道雄先生 (企画=平膰隆郎) を取り上げ、下記の通り座談会を開催した。録音資料は永く保存するとともに、その速記原稿は整理編集して、「東方学」に掲載する。
  「学問の思い出」――礪波護先生を囲んで (「東方学」第135輯 [30年1月末] に収載)
    日時:平成29年5月13日 (土) 午後2時~5時
    会場:京都大学楽友会館 出席:礪波護、中砂明徳 (司会)、浅見直一郎、井波陵一、今西智久、
        江川式部、承 志
  「学問の思い出」――松丸道雄先生を囲んで (「東方学」第136輯 [30年7月末] に収載予定)
    日時:平成29年11月8日 (土) 午後1時30分~4時30分
    会場:東方学会会議室 出席:松丸道雄、平膰隆郎 (司会)、大西克也、鈴木敦、吉開将人

IV.会員関係事業
1.会員現況   総数 1,424名(平成30年3月末日)
    入会41名、逝去7名、退会43名(差引9名減)
 本会事業運営の基盤である会員組織の増強については、本年度においても引続き一定数の入会者を得たが、差引き9名の減員となった。

2.全国会員総会の開催
 本会の平成29年度第67回全国会員総会は、東京支部主催のもと、秋季学術大会に引き続き、下記の通り開催した。
   〔第67回全国会員総会〕
   日時:平成29年11月11日 (土) 午後5時50分~7時30分
    会場:日本教育会館8階会議室 (千代田区一ツ橋)
    次第:
    ○会務報告 (801・802会議室) 5時30分~5時50分 理事長 池田知久
    ○懇 親 会 (9階飛鳥の間)   6時~7時30分

3. 会員名簿・要覧の刊行
  「会員名簿」については逐次情報の更新を行い、第4期役員名簿を附載して12月に下記の通り刊行した。「要覧」については、6月に『東方学会70年の歩み』(Ⅱ-4参照)として刊行した。
   『東方学会会員名簿2018』(平成29年12月25日刊) A5判、総116頁、1,550部 以 上

                            ▲top

平成28年度収支計算書
平成29年度正味財産増減計算書内訳表(PDF 102KB)
貸借対照表(PDF 104KB)

                            ▲top