一般財團法人東方學會 本文へジャンプ

財団法人東方学会 平成26年度事業報告

Ⅰ.出版編纂事業
1.機関誌「東方学」及び記念号の刊行
1) 機関誌「東方学」の刊行
 本年度においては、「東方学」創立65周年記念「特集:座談会―学問の思い出」及び第128輯・第129輯を下記の通り刊行した。

(1)特集『座談会―学問の思い出』―創立65周年記念― (26年5月刊)
   A5判、本文8P三段組、総228頁、2,200部
 (内容) 序、座談会6篇(うち再録1篇)
  ○序 (興 膳   宏)
  ○座談会
   「学問の思い出」――戸川芳郎先生を囲んで
     〔出席〕戸川芳郎、神塚淑子、木山英雄、橋本秀美
   「学問の思い出」――斯波義信博士を囲んで
     〔出席〕斯波義信、青木 敦、小島 毅、妹尾達彦、相田 洋、ジョセフ・P.マクダーモット
   「学問の思い出」――尾藤正英博士を囲んで
     〔出席〕尾藤正英、梅沢ふみ子、大津 透、鈴木暎一、ケイト・W‐中井、頼 祺一、 戸川芳郎
   「学問の思い出」――原實博士を囲んで
     〔出席〕原 實、安藤 充、桂 紹隆、熊本 裕、斎藤 明、丸井 浩、横地優子、
        〔紙上参加〕土田龍太郎
   「学問の思い出」――田仲一成博士を囲んで
     〔出席〕田仲一成、上田 望、大木 康、片山 剛、呉 真、戸川芳郎、広瀬玲子
  ○[再録] 東方学会創立20周年記念座談会「創立期の東方学会を語る」
     〔出席〕宇野哲人、吉川幸次郎、石田幹之助、鈴木 俊、石田一郎

(2) 第128輯 (26年7月刊) A5判、本文9P二段組、総242頁、2,400部
  (内容) 論文9篇、内外東方学界消息1篇、座談会、追悼文1篇、事業報告、英文論文要旨
  ○論文
   春の悲しみ―国文学における― (大 谷 雅 夫)
    「盗者」篇から見た「日書」の流通過程試論 (海老根 量介)
    郭店楚簡『五行』の慎獨論―「有與」「無與」の語義解釈― (西  信 康)
   定州『論語』と『斉論』 (渡 邉 義 浩)
    隋代郷里制下の里長について―「秘丹墓誌」を中心に― (石 野 智 大)
   王通と『中説』の受容と評価―その時代的な変遷をたどって― (池 田 恭 哉)
    「王月英」「梁祝」「秦雪梅」故事からみた多世姻縁の物語
       ―清末民初の湖南説唱本を中心として― (岩 田 和 子)
    倉石武四郎と謝冰心 (林  敏 潔)
   バーナ作Coṇḍīśatakaにおけるśleṣaについて (山 崎 一 穂)
  ○内外東方学界消息
    王鍾翰教授とその清史研究 (柳 沢  明)
  ○座談会 「先学を語る」――田中謙二博士
     〔出席〕井上泰山、植松 正、筧 文生、金 文京(司会)、三浦國雄
  ○追悼文 庄垣内正弘さんを偲ぶ (梅 村  坦)
  ○編輯後記 (小松 謙)

(3)第129輯 (27年1月刊) A5判、本文9P二段組、総196頁、2,200部
  (内容) 論文6篇、内外東方学界消息4篇、東方学会賞発表 (第33回)、平成26年度秋季学術大会
      講演・研究発表要旨、座談会、追悼文1篇、英文論文要旨
  ○論 文
    龔原『周易新講義』について (小 島   毅)
   漢代仙譜考 (姜    生)
   西晋皇太弟初探 (岡 部 毅 史)
   芳りと響き―二陸の詩歌作品に見える感覚表現― (狩 野   雄)
   畜類償債譚の伝来と変化―その金額表現を中心に― (福 田 素 子)
   18世紀後半の在華イエズス会士による中国史叙述 (新 居 洋 子)
  ○内外東方学界消息
   江南農村生活の思い出(上) (范  金 民 〔訳: 山崎岳〕)
   唐代嶺南におけるササン朝銀貨の行方 (李  錦 繍 〔訳: 石原遼平〕)
   恩師湯一介先生を偲ぶ (陳  継 東)
  ○第33回平成26年度東方学会賞発表
  ○平成26年度秋季学術大会講演・東方学会賞授賞者研究発表要旨
  ○座談会 「先学を語る」――日野龍夫博士
     〔出席〕大谷雅夫(司会)、木田章義、田中康二、長島弘明、藤原英城、山崎芙沙子、
         山本秀樹
 ○追悼文
   古賀登先生の逝去を悼む (工藤元男・石見清裕)
  ○編輯後記 (長堀祐造)

  本年度における「東方学」への応募論文は総数47篇、編集委員会の審議を経て、このうち13篇 (委嘱巻頭論文2篇を加えて15篇) を上記の通り、第128輯・第129輯に掲載発表した。

2) 第33回東方学会賞
 東方学会賞については、6月2日に全役委員に推薦依頼を行い、8月27日に選考委員会を開催し、下記の通り1名の授賞者が決定した。贈呈式は、平成26年度秋季学術大会 (11月8日、奈良女子大学佐保会館) において行われた (別項II-4参照)。
 選考委員並びに授賞者は以下の通り。

  ○東方学会賞選考委員会
    委員:大木 康、大津 透、神塚淑子、興膳 宏、斎藤 明、夫馬 進
  ○授賞者
   高橋晃一 論文「求那跋陀羅訳『相続解脱経』と『第一義五相略』―『解深密教』の部分訳に
          関する疑問 ―」(「東方学」127輯収載) およびこれと関連する研究活動

2.ACTA ASIATICA: Bulletin of the Institute of Eastern Culture及び英文単行本の刊行
 本年度においては、「ACTA ASIATICA」No. 107およびNo. 108を下記の通り刊行した。また、平成27年度刊行分として、No.109「学問のかたち(I)―古代・中世」(責任編集:小南一郎) 及びNo.110「学問のかたち(II)―近世」(責任編集:小南一郎) をそれぞれ準備中で、本年度中に10篇の論文を入手して翻訳作業に着手した。

(1) No.107 (26年8月刊) B5判、本文11P・脚注9P横一段組、総116頁、800部
   The Reception of Chinese Literature in Japanese Literature and Its Transformation
   (特集「日本文学における中国文学の受容と変容」、責任編集:大谷雅夫)
   [CONTENTS]
   ŌTANI Masao 大谷雅夫: Introduction
   FUJIWARA Katsumi 藤原克己: Some remarks on“Dialogue with the Impoverished”by
     Yamanoue no Okura
   KIM Moonkyong 金文京: The lineage of ludic literature about comparative debates in East
     Asia
   GOTŌ Akio 後藤昭雄: Chinese poets in Heian literature
   SATŌ Michio 佐藤道生: The popularity of Sino-Japanese topic poetry during the Heian
     period
   SUDA Chisato 須田千里: The influence of Chinese literature on modern Japanese
     literature: Kōda Rohan, Akutagawa Ryūnosuke, Satō Haruo, and Nakajima Atsushi
   List of Contributors

(2) No. 108 (27年2月刊) B5判、本文11P・脚注9P横一段組、総108頁、800部
   Buddhism and Debate: The Development of Mahāyāna Buddhism and Its Background in Terms
   of Religio-Philosophical History
  
(特集 「仏教と論争―大乗仏教の展開とその宗教思想史的背景」、責任編集:斎藤明)
   [CONTENTS]
   SAITŌ Akira 斎藤明: Introduction
   SAITŌ Akira 斎藤明: Avalokiteśvara and Īśvara worship
   AKAMATSU Akihiko 赤松明彦:Mahāyāna Buddhism and Hinduism: The development of
     illusionism and its background
   MURAKAMI Shinkan 村上真完:Controversies between Buddhism and Indian philosophical
     schools: On caitanya (spirituality, sentience, or intelligence)
   YOSHIMIZU Kiyotaka 吉水清孝:Kumārila’s criticism of (Mahāyāna) Buddhism as seen from
     the theory of the sources of dharma
   EINOO Shingo 永ノ尾信悟:Hindu rituals and Buddhist rituals
   List of Contributors

 なお、本年度における英文単行本の企画はなかった。

3.TRANSACTIONS OF THE INTERNATIONAL CONFERENCE OF EASTERN STUDIES
  No. LIX, 2014 (国際東方学者会議紀要 第59冊) の刊行
 本年度においては、第59回国際東方学者会議 (ICES) 東京会議・関西部会及び併設した第6回日中学者中国古代史論壇の会議運営経過、研究発表のフルテキスト(2篇)、要旨 (47篇)、チェアマンズレポート (6篇)、講演要旨 (2篇) 等を収録し、第59冊として刊行した (別項Ⅱ-1参照)。
  平成27年1月刊、A5判、本文8P及び9P横一段組、総156頁、1,300部

  [CONTENTS]
  59th International Conference of Eastern Studies Opening Address and Congratulatory
     Message
  Research Papers (full texts):
   Alister INGLIS, Narratological ambiguity in Hong Mai’s Yijian zhi
   WU Shuang, The Northern Yung-lo edition of the Chinese Buddhist canon held by
     Naritasan Library for Buddhism and textiles used in its binding
   Other Papers Presented (abstracts):
  〈Symposium I〉
   SHIZUNAGA Takeshi, An overview of I-chien chih studies and the Japanese reception
     of the I-chien chih
   SUE Takashi, The I-chien chih as material on social history: Its appeal and a new
     approach to the study of Sung social history
   MATSUMOTO Kōichi, Tales about people who returned from the netherworld
   KAWASHIMA Yūko, Ming vernacular fiction and the I-chien chih
   LIN Song, The challenge to and deconstruction of orthodox historiography in the I-chien
     chih

  〈Symposium II〉
   SAITŌ Akira, Issues in the translation of Buddhist texts and future prospects: On
     Tibetan and Chinese translations
   Dorji WANGCHUK, Is a bad translation better than no translation? On ‘critical’ translation
      and critical edition as enterprises of Tibetan Buddhist textual scholarship
   FUNAYAMA Tōru, A reexamination of the procedures for translating Buddhist texts into
     Chinese as recorded in “sūtra-translating rituals” in the Fo-tsu t‘ung-chi 43
   Charles MULLER, The making of an “outstanding” translation: Obstacles and solutions
   ENOMOTO Fumio, Some questions concerning the translation of early Indian Buddhist
     texts into modern Japanese
   TAKAHASHI Kōichi, The current state of the Bauddhakośa project and future issues
  〈Symposium III〉
   TOKURA Hidemi, Introductory remarks
   LI Lianrong, Characteristics of the Amdo version of the Tibetan epic of Gesar
   FUJII Mako, The Mongolian Gesar: As seen in connection with Mongolian heroic epic poetry:
     On the basis of horse metaphors, modes of performance, and other discourse
   OKADA Chitose, The present state of the transmission of the tale of Gesar in northern
     Pakistan and future issues
   OKADA Mitsuhiro, Stories of magic for turning people into donkeys and their dissemina-
     tion: On stories in the Siddhi-kür and the Tale of Gesar Khan
  〈Symposium IV〉
   LI Jinxiu, The fate of Sasanian silver coins in Ling-nan during the T‘ang
   SAGAWA Eiji, Some historical observations on the T‘ang statutes on arable land: With a
     focus on the relationship between the equal-field system and the state-farm system
   MITANI Yoshiyuki, The land distribution system and the system of provinces and districts:
     With a focus on the size of land grants
   KAMBE Kōsuke, A comparative study of the system of labor service in Japan and T‘ang
     China through an examination of the statutes on taxation in goods and labor
   TAKEI Noriko, The tax system in ancient Japan and ritsuryō laws
  〈Asian Art History Session〉
   AHN Jaewon, The influence of the P‘i-ling school on flower and insect paintings in the
     Joseon dynasty: Focusing on the screen of flower and insect paintings by Sin Saimdang
     in the National Museum of Korea
   ZHAO Xintong, A study of Kanō Sansetsu’s landscape paintings: With a focus on his Ten
     Snow Incidents
folding screen
   QI Hong, “Heaven-and-Earth-Shaped Deer-Tail Fan”: On the philosophical background
     to its origins
   RYU Seungjin, Another statue of gigeiten: Gigeiten by Takamura Kōun and modern
     Japanese wood carvings in the National Museum of Korea
   SUZUKI Hiroyuki, The beginnings of Japanese art history and the course of its formation
     in the Meiji era
  〈6th Forum of Japanese and Chinese Scholars on Ancient Chinese History〉
   Plenary Session
   樓勁: “法律儒家化”與魏晉以來的“制定法運動”
   妹尾達彦:人類史和東亞的時期區分
   湯開建: 明韶州同知劉承范《利瑪傳》的發現、内容及其價値
   Section I
   王彦輝: 秦漢聚落形態研究――兼議宮崎市定的“中國都市國家論”
    宋艶萍: 論“堯母門”對西漢中後期政治格局以及政治史觀的影響
   渡邉義浩:“古典中國”的成立和展開
   王承文: 漢晉道敎“靜室”與齋戒制度的淵源考釋
   劉屹: 道敎“靈寶”傳統的歷史嬗變
   劉洪波: 陰陽五行觀念與魏晉南北朝時期禳災、減災
   黄壽成:西魏政權建立之初的宇文泰集團
   牧角悦子:中国文學史之近代的劃分――古典之重新評價的意義和界限
   Section II
   氣賀澤保規:內藤湖南的分期論及其現代意義
   李天石: 從身份制度看中國中古社會的變遷
   梁建國: 北宋東京的城市功能集聚與空間拓展――兼論中國古代城市化的階段性與地域性
     特徴
   阿風: 崇士重商――宋代以來徽州人的四民觀
   小島毅:從思想史看宋代近代史
   陳支平: 唐宋變革與明淸實踐――以理學、朱子學爲例
   汪學群: 試論明代思想的歷史階段特色
   韓格平: 元人詩序中的元人詩學觀
  Chairpersons’ Reports:
   Symposium I:The World of Hung Mai’s I-chien chih (SHIZUNAGA Takeshi)
   Symposium II:The Translation of Buddhist Txts: On “Outstanding” Translations
     (SAITŌ Akira)
   Symposium III: The Transmission and Present State of the Epic of King Gesar
     (TOKURA Hidemi)
   Symposium IV:Comparative Research on Control of the Populace under the Lü-ling
     (Ritsuryō) System (ŌTSU Tōru)
   Asian Art History Session (NEDACHI Kensuke)
   6th Forum of Japanese and Chinese Scholars on Ancient Chinese History: The Present
     State of the Periodization of Chinese History (WATANABE Yoshihiro)
  Lectures at the Kansai Session (abstracts):
   ZHANG Xuefeng, The 2013 surveys and excavations of the Yang-chou Ts‘ao-chuang
     tombs and the Nan-ching Shih-tsu-ch‘ung tombs: Discovery of the tombs of Sui
     Yang-ti and crown prince Chao-ming put into context
   TAKAHASHI Bunji, The formation and vicissitudes of goddess temples in Shan-hsi
  List of Speakers

4.「東方学会報」の刊行
 本会会務・事業の広報を目的とする本会報は、本年度においてはNo. 106とNo. 107を刊行し、全会員ならびに関係学協会・団体機関に配布した。

(1) No. 106 (26年7月刊) A5判、本文8P縦三段組、40頁、2,200部
 〔内容〕
  ○第59回国際東方学者会議の開催――第6回日中学者中国古代史論壇を併設
   [シンポジウム報告]
   Ⅰ. 洪邁『夷堅志』の世界 (静永健)
   Ⅱ. 仏典翻訳論考―「すぐれた翻訳」をめぐって (斎藤明)
   Ⅲ. ケサル/ゲセル王伝の伝承と現在 (戸倉英美)
   Ⅳ. 律令制的人民支配の比較研究 (大津透)
   東洋美術史部会 (根立研介)
  ○[海外学者の招聘] 第59回国際東方学者会議に3ヶ国から6名の研究者を招聘
  ○第6回日中学者中国古代史論壇の開催 (渡邉義浩)
  ○[研究室便り・第79回]学習院大学におけるアジア研究の組織と現況 (鶴間和幸)
  ○若手研究者の研究会等支援事業 (実施要綱)
   開催報告:「君臣関係の“公と私”―側近集団の位置付けをめぐって」(齊藤茂雄)
          「嘉慶朝研究会」活動報告 (新居洋子)
  ○退会者  ○新会員紹介 (26氏)  ○会員通信 (51氏)  ○訃報
  ○国際集会案内(第56回)

(2) No. 107 (26年12月刊) A5判、本文8P縦三段組、24頁、2,200部
 〔内容〕
  ○平成26年度秋季学術大会・会員総会の開催――奈良女子大学佐保会館において開催
  ○[研究室便り・第80回]京都女子大学におけるアジア学の組織と現況 (檀上寛)
  ○若手研究者の研究会等支援事業 (実施要項)
   開催報告:国際シンポジウム「姓名とエスニシティ―東アジアの中の多様性」(松岡格)  
          「2014年度京都大学南京大学社会学人類学次世代ワークショップ」(福谷彬)
          中観派ワークショップ2014「チャンドラキールティの思想再考」(赤羽律)
  ○会員通信 (37氏)  ○新会員紹介 (8氏)  ○国際集会案内 (第57回) 

                       ▲top

Ⅱ.内外学界交流事業
1.第59回国際東方学者会議 (59th International Conference of Eastern Studies) の開催
 国際東方学者会議 (ICES) は、本年度において第59回会議を下記の通り開催した。参加者は、延べ9ヶ国364名であった (日本人292名、外国人72名)。

  〔東京会議〕 日時:5月24日(土) 午前10時~午後7時
           会場:日本教育会館8階・7階会議室 (千代田区一ツ橋)
           参加者:8ヶ国287名 (日本人226名、外国人61名)
    〇開会式 (801・802会議室) (午前10時~10時25分)
     挨拶:理事長・ICES運営委員会代表 興膳 宏
     祝辞:外務省国際文化交流審議官 斎木尚子(代読:河口事務局長)
    〇シンポジウム (午前10時30分~午後5時)
     Ⅰ.洪邁『夷堅志』の世界 (807・808会議室)
       司会=静永健
       発表=静永健 (日本)、Alister Inglis (オーストラリア)、須江隆 (日本)、松本浩一 (日本)、
           川島優子 (日本)、林嵩 (中国)
       コメント=甲斐雄一 (日本)、奥野新太郎 (日本)
     Ⅱ.仏典翻訳論考―「すぐれた翻訳」をめぐって (801・802会議室)
       司会=斎藤明
       発表=斎藤明 (日本)、Dorji Wangchuk (ブータン)、船山徹 (日本)、Charles Muller
           (米国)、榎本文雄 (日本)、高橋晃一 (日本)
       コメント=岩田孝 (日本)
     Ⅲ.ケサル/ゲセル王伝の伝承と現在 (803・804会議室)
        司会=戸倉英美
        発表=李連栄 (中国)、藤井真湖 (日本)、岡田千歳 (日本)、岡田充博 (日本)
        コメント=若松寛 (日本)、宮本神酒男 (日本)
     Ⅳ.律令制的人民支配の比較研究 (805会議室)
        司会=大津透
        発表=李錦繍 (中国)、佐川英治 (日本)、三谷芳幸 (日本)、神戸航介 (日本)、武井
            紀子 (日本)
        コメント=坂上康俊 (日本)、大隅清陽 (日本)
     ○ペーパーセッション (午前10時30分~午後4時20分)
      東洋美術史 (806会議室)
        司会=根立研介、佐藤康宏
        発表=安在媛 (韓国)、趙心僮 (中国)、呉爽 (中国)、漆紅 (中国)、柳承珍 (韓国)、
            鈴木廣之 (日本)
    ○歓迎パーティー (午後5時10分~午後7時) (九階“飛鳥”の間)
      歓迎挨拶=礪波護 (東方学会京都支部長)
      挨拶=楼勁 (中国社会科学院歴史研究所研究員)
      乾杯=岸本美緒 (東方学会東京支部長)

  〔関西部会〕 日時:5月31日(土) 午前10時45分~午後4時30分
           会場:京都市国際交流会館 (京都市左京区粟田口鳥居町)
          参加者:5ヶ国77名 (日本人66名、外国人11名)
    〇開会挨拶 (イベントホール)
     京都支部長 礪波 護
    〇講演会 (午前11時~午後1時10分)
     隋煬帝墓および梁昭明太子墓の発見――2013年揚州曹荘大墓・南京獅子衝大墓 発掘
        調査について  張学鋒(中国、南京大学教授)
        講師紹介・司会=京都大学大学院教授 辻 正博
     山西における女神廟の形成と変遷  高橋文治 (大阪大学大学院教授)
        講師紹介・司会=京都大学人文科学研究所教授 金 文京
    〇交歓昼食会 (午後1時20分~2時20分) (特別会議室)
     挨拶・乾杯:理事長 興膳 宏
     参観案内:常務理事 根立研介
    〇参観 (午後2時50分~4時)
     角屋もてなしの文化美術館 (バス移動、現地解散)、参加者37名

2.海外学者の招聘
 今年度においては、第59回国際東方学者会議 (ICES)に6名の海外学者を招聘した。まず、東京会議には、「洪邁『夷堅志』の世界」シンポにアリスター・イングリス氏 (Alister Inglis, オーストラリア、シモンズ大学教授) と林嵩氏 (中国、北京大学教授)を、「仏典翻訳論考」シンポにドルジ・ワンチュック氏 (Dorji Wangchuk, ブータン、ハンブルグ大学教授) を、「ケサル/ゲセル王伝の伝承と現在」シンポに李連栄氏 (中国、中国社会科学院少数民族文学研究所副研究員) 、「律令制的人民支配の比較研究」シンポに李錦繍氏(中国、中国社会科学院歴史研究所研究員)の5氏を、また関西部会の講師に張学鋒氏 (中国、南京大学教授) を、それぞれ招聘した。 イングリス、ワンチュック、李連栄、李錦繍、張学鋒の5氏は本会独自の招聘で、林嵩氏は科研費での招聘であった。

3.日中学者中国古代史論壇の開催
  平成21 (2009) 年8月、中国社会科学院歴史研究所との間で中国古代史論壇を中国と日本で交互開催する5年間の交流協定(2012年に5年間の延長協定)を締結した。その交流協定に基づいて、平成26 (2014) 年5月24日、第6回論壇が第59回ICES東京会議に併設して下記の通り開催された。参加者は中国側15名、日本側約70名。その詳細は「東方学会報」 №106に報告した。

   〔第6回日中学者中国古代史論壇〕
   日 時:5月24日(土) 午前10時30分~午後5時10分
   会 場:日本教育会館7階701・702会議室(千代田区一ツ橋)
   共 催:東方学会、中国社会科学院歴史研究所
   テーマ:中国史の時代区分の現在
   次第:
   ○全体会 (10:30–11:55) (701・702会議室)
    司会:石井仁(駒沢大学准教授)、博明妹(中国社会科学院歴史研究所)
    趣旨説明=池田知久 (山東大学教授)
    発表=楼勁(中国社会科学院歴史研究所[以後、歴史所]研究員)、妹尾達彦(中央大学教授)、
        湯開建(澳門大学教授)
   ○第1分科会 (1:00-3:50) (702会議室)
    司会=石井仁、博明妹
    発表=王彦輝 (東北師範大学教授)、宋艶萍 (歴史所副研究員)、渡邉義浩 (早稲田大学教
         授)、王承文 (中山大学教授)、劉屹 (首都師範大学教授)、劉洪波 (歴史所研究員)、
         黄寿成 (陝西師範大学教授)、牧角悦子 (二松学舎大学教授)
   ○第2分科会 (1:00-3:50) (701会議室)
     司会=伊東貴之 (国際日本文化研究センター教授)、楼勁
     発表=氣賀澤保規 (前明治大学教授)、李天石 (南京師範大学教授)、梁建国 (歴史所研究
         員)、阿風 (歴史所研究員)、小島毅 (東京大学教授)、陳支平 (厦門大学教授)、汪学
         群 (歴史所研究員)、韓格平 (北京師範大学教授)
   ○全体会 (4:20-5:10) (701・702会議室)
     司会=石井仁、伊東貴之、楼勁、博明妹
     総合討論
  〔中国側会議参加日程〕
    5月23日(金)  成田空港着、後楽賓館にチェックイン。歓迎晩餐会に参加。
    5月24日(土)  終日第6回論壇に参加。
    5月25日(日)  自由行動。
    5月26日(月)  箱根参観。
    5月27日(火)  成田空港から帰国。

4.秋季学術大会及び講演会等の開催
 (1) 秋季学術大会の開催
  本年度の秋季学術大会は、東京支部の主催により下記の通り開催した。

  〔平成26年度秋季学術大会〕
   日時=11月8日(土) 午前11時50分~午後4時50分
   会場=奈良女子大学佐保会館 (奈良市北魚屋東町)
   次第:
   ○開会:11:50 
     開会挨拶 京都支部長 礪波 護
   ○講演会:12:00-2:10
     漢代宮廷の原像                      奈良女子大学教授 佐 原 康 夫
                      (講師紹介・司会) 奈良女子大学名誉教授 井 上 裕 正
     人喰いの語りと異文化共存―北スマトラの事例から―  立教大学教授 弘 末 雅 士
                        (講師紹介・司会)大阪大学大学院教授 桃 木 至 朗
   ○研究発表 2:30-4:10
     古代中国における国家儀礼の基本構造
             第31回東方学会賞受賞者・日本学術振興会特別研究員 戸 川 貴 行
                                 (司会) 京都大学名誉教授 礪 波  護
    仏教教団における異見の扱い―ukkhepaniyakammaに注目して―
              第32回東方学会賞受賞者・東京大学大学院特任研究員 青 野 道 彦
                               (司会) 京都大学大学院教授 赤 松 明 彦
     律令制下の倉庫管理―監臨官の不正と官物補填―
                       第32回東方学会賞受賞者・弘前大学講師 武 井 紀 子
                                 (司会) 東京大学大学院教授 大 津  透
   ○第33回東方学会賞贈呈式 4:30-4:50
     推薦理由披露: 選考委員会代表 斎藤 明
     授賞者:高橋晃一 (東京大学大学院特任研究員)
     授 賞:理事長 興膳 宏

(2) 講演会等の開催
 本年度においては、下記の通り、鄭振満氏(厦門大学教授)の講演会を東洋文庫との共催で開催するとともに、本会の所属する東洋学・アジア研究連絡協議会の講演会を開催した (II-7参照)。

  ○鄭振満氏 (厦門大学教授) 講演会「中国民間歴史文献の収集と整理」(9月26日、共催・会場:
    東洋文庫)
  ○東洋学・アジア研究連絡協議会主催シンポジウム「東洋学・アジア研究の新たな振興をめざし
    てII」(12月13日、東京大学法文2号館1大教室)

5.翻訳・英文校訂サービスの提供
 国際学術交流推進の基礎的事業として平成10年度から開始した本事業は、ホームページや「東方学会報」誌上で常時案内を行っており、好評裡に推移している。本年度における実施件数は以下の通りであった。
   ○「東方学」収載論文要旨の英訳・ネイティブチェック  15件
   ○論文要旨の英訳                       33件
   ○英文要旨のネイティブチェック                5件
   ○論文 (国際会議発表論文を含む) の英訳        4件
   ○英文論文のネイティブチェック                2件

6.若手研究者の研究会等支援事業
 平成23年度から、若手研究者の学際的な研究を推奨し、研究者間の直接交流を促し、斯学の発展・普及を図るため、若手研究者の研究会等支援事業を行なっている。助成額は1件5万円、年間10件以内で、質を確保するため申込者を45歳以下の会員に限定しているものの、参加者や使途に制限はない。なお、開催後1か月以内の報告書 (800字、「東方学会報」に収載) 提出が義務付けられている。ホームページ・「会報」等で募集を行っているが、26年度においては追加募集を含め採択は下記6件であった。採否は理事会において決定する。

   〔平成26年度採択分 (開催順、年齢・所属は申請時)〕
  1) 申請者:松岡格 (早稲田大学アジア研究機構次席研究員) 36歳
     会議名:国際シンポジウム「姓名とエスニシティ―東アジアの中の多様性」
     開催日:7月19日(土)
     会 場:獨協大学天野貞祐記念館大講堂
   2) 申請者:福谷彬 (京都大学大学院文学研究科博士課程) 26歳
     会議名:「2014年度京都大学南京大学社会学人類学次世代ワークショップ」
     開催日時:8月13・14日(水・木)
     会 場:京都大学文学部
   3) 申請者:新居洋子 (武蔵大学非常勤講師) 37歳
    会議名:嘉慶朝研究会
     開催日:7月24日(木)、3月9日(月)
     会 場:東京大学総合図書館内演習室
  4) 申請者:赤羽律 (オーストリア科学アカデミーアジア文化・思想史研究所研究員) 41歳
     会議名:中観派ワークショップ2014「チャンドラキールティの思想再考」
     開催日:9月12日(金)~14日(日)
     会 場:京都大学文学部
   5) 稲田奈津子 (東京大学史料編纂所助教) 38歳
     会議名:シンポジウム「東アジア儀礼文化の実相と展開―「大唐元陵儀注」の可能性」
     開催日時:12月13日(土)
     会 場:東京大学史料編纂所大会議室
   6) 会田大輔 (日本学術振興会特別研究員) 32歳
     会議名:「東部ユーラシアの王権と政治思想―王権を支えた虚構―」ワークショップ
     開催日:3月7日(土)
     会 場:早稲田大学

7.国際アジア・北アフリカ研究会議 (ICANAS) 関係業務
 本業務は、平成16年末のICANAS日本国内委員会解散以来、本会がその業務を引き継いだものであるが、第39回会議に関する情報を待つ状況が続いている。

8.東洋学・アジア研究連絡協議会の事務局業務
  標記協議会は、平成26年12月13日(土)に東京大学法文2号館教員談話室において2014年度総会を開催し、事務局ではその開催準備を行った。年度末における参加学協会は正会員33、オブザーバー3であった。なお、協議会では下記講演会を開催した。

   〔シンポジウム〕 「東洋学・アジア研究の新たな振興をめざしてII」
    会場:東大法文2号館1大教室
    日時:平成26年12月13日(土) 午後1時30分~5時30分
    参加者52名
    司会:池田知久(東京大学名誉教授、東洋学・アジア研究連絡協議会会長)
    講演:岸本美緒(お茶の水女子大学教授・日本学術会議「アジア研究・対アジア関係に関する
           分科会」幹事):「日本学術会議『人文科学的アジア研究振興に関する提言』(2014
           年7月)についての報告」
        中谷英明(関西外国語大学教授、日仏東洋学会):「実践知を基盤とする人文学の展望」
        阿部健一(総合地球環境学研究所教授、東南アジア学会):「環境学という人間科学
           ―『アジア』からの発信」
        濱田正美(龍谷大学教授):「『東洋学の危機』について」
    共催:日本学術会議「アジア研究・対アジア関係に関する分科会」

9.「儒蔵」日本編纂委員会の事務局業務
 中国・日本・韓国・越南の漢文体で撰述された重要な儒学典籍を網羅し、校訂・解題を加えて編纂する「儒蔵」編纂事業が、2003年12月に中国 (北京大学「儒蔵」編纂中心) において開始された。中国側の依頼を受けて、日本における儒学典籍に校訂・解題を付けて編纂する「儒蔵」日本編纂委員会が2006 (平成18) 年9月に組織され、本会に事務局が置かれた。本会事務局では、委員会の開催準備、会場の提供、文書の発送などの便宜供与を行っている。

10.ホームページによる情報の提供
 平成14年4月に開設した本会ホームページについては、事業及び財務等に関する資料の情報公開をするとともに、逐次情報の集積と更新を行い、以下の項目をもって広く情報の提供を行った。

   〔内容〕
   ○東方学会要覧(沿革・目的/役員/歴代会長・理事長/入会案内・会員規定/定款)
   ○事業(出版編纂/内外学界交流/会員関係/図書室/事業計画・事業報告[事業計画・
     収支予算、事業報告・収支決算])
   ○機関誌「東方学」(執筆要領/最新号)
   ○東方学会賞(規定/受賞者一覧)
   ○出版物(出版物の購入/出版目録[東方学、ACTA ASIATICA、国際東方学者会議紀要、
     東方学会報、東方学論集、記念論集、英文単行本])
   ○若手研究者の研究会等支援事業(実施要項・助成実績)
   ○会議案内 (国際東方学者会議 [ICES]/秋季学術大会・会員総会/日中学者中国古代史
     論壇/国際アジア・北アフリカ研究会議[ICANAS]情報)

                       ▲top

III.図書室事業
1.内外研究情報・資料の交換・斡旋と図書室の整備
 本会出版物を内外関係大学・研究機関に送付し、資料の交換・寄贈を求める本事業は、国際交流基金による「ACTA ASIATICA」の買上げ措置が平成22年度以後中止となったものの、資料送付の継続性を重視し、数を減ずることなく寄贈を行っている。この出版交流における各出版物の送付件数は、「ACTA」各542件543冊、「紀要」664件664冊、「東方学」各399件403冊であった。また、本会が交換・寄贈を受けた東方学関係図書・雑誌・研究資料、及び購入図書等、本年度における新收図書は、国内発行・海外発行併せて59冊、雑誌は国内発行320種573冊、海外発行100種298冊であった。
   〔資料送付及び受領部数〕
   ○国内: 機関誌「東方学」、「ACTA ASIATICA」、「国際東方学者会議紀要」、「東方学会報」
     など本会出版物を372団体に寄贈し、公刊資料との交換を求めた。これに対する本会の受
     領件数は、単行本36冊、雑誌320種573冊であった。
   ○海外: 同じく上記本会刊行物 (「会報」を除く) を海外の667団体機関に寄贈し、公刊資料と
     の交換を求めた。これに対する本会の受領件数は、単行本23冊、雑誌100種298冊であっ
     た。

2.録音資料の保存  
 本年度においては、「先学を語る」シリーズで日野龍夫先生と溝口雄三先生を取り上げ、下記の通り座談会を開催した。録音資料は永く保存するとともに、その速記原稿は整理編集して、「東方学」に掲載する。

   「先学を語る」――日野龍夫先生(「東方学」第129輯 [27年1月末] に収載)
     日時:平成26年4月18日 (金) 午後2時~5時
     会場:京都大学楽友会館
     出席:木田章義、大谷雅夫(司会)、山崎芙紗子、山本秀樹、藤原英城、田中康二、  
         長島弘明
   「先学を語る」――溝口雄三先生 (「東方学」第130輯 [27年7月末] に収載予定)
     日時:平成26年9月12日 (金) 午後2時~5時
     会場:東方学会会議室
     出席:小島毅(司会)、葭森健介、渡邉義浩、戸川芳郎、岸本美緒、子安宣邦(誌上参加)

IV.会員関係事業
1.会員現況   総数 1,438名(平成27年3月末日)
    入会31名、逝去10名、退会46名(差引25名減)
 本会事業運営の基盤である会員組織の増強については、本年度においても引続き一定数の入会者を得たが、逝去・退会者が多く、差引き25名の減員となった。

2.全国会員総会の開催
 本会の平成26年度第64回全国会員総会は、京都支部主催のもと、秋季学術大会に引き続き、下記の通り開催した。

   〔第64回全国会員総会〕
   日時:平成26年11月8日 (土) 午後4時50分~6時30分
   会場:奈良女子大学 (奈良市北魚屋東町)
   次第:
   ○会務報告(佐保会館) 4時50分~5時10分  理事長 興膳 宏
   ○懇 親 会(大学ラウンジ) 5時20分~6時30分

3. 会員名簿・要覧の刊行
  「会員名簿」「要覧」については逐次情報の更新を行っているが、隔年刊行のため本年度においては刊行しなかった。
                                                     以上


                       ▲top

平成26年度収支計算書
平成26年度正味財産増減計算書内訳表(PDF 102KB)
貸借対照表(PDF 104KB)

▲top