一般財團法人東方學會 本文へジャンプ

財団法人東方学会 平成28年度事業報告

Ⅰ.出版編纂事業
1.機関誌「東方学」及び記念号の刊行
1) 機関誌「東方学」の刊行 本年度においては、「東方学」第132輯・第133輯を下記の通り刊行した。
(1)第132輯 (27年7月刊) A5判、本文9P二段組、総172頁、2,200部
   (内容) 論文5篇、内外東方学界消息1篇、座談会、追悼文2篇、事業報告、英文論文要旨
 ○論文
   規範と表現―『文選』詩の初めの部立てを中心に― (川 合 康 三)
   西晋愍帝政権再攷―長安からの「中興」と秩序形成― (板 橋 暁 子)
   謝霊運の「仏影銘」について―法顕の中国帰還とのかかわりから― (尾 崎 勤)
   殤後立継・間代立継の礼解釈論―顧炎武の立継問題をめぐって― (新 田 元 規)
   大英図書館所蔵対訳語彙集断片Or. 12380/3948再考 (松 井 太)
 ○内外東方学界消息
   中国現代文学研究の新しい地平―ハーバード版文学史の試み― (濱 田 麻 矢)
 ○座談会「先学を語る」――伊藤漱平先生
   〔出席〕岩佐昌暲、大木 康(司会)、小山澄夫、野澤俊敬、平山久雄、丸山浩明、 〔紙上参加〕田仲一成
○追悼文 三角洋一さんを偲ぶ (藤 原 克 己)
  伊藤道治先生追悼 (小 南 一 郎)
○編輯後記 (金文京)
(2)第133輯 (29年1月刊) A5判、本文9P二段組、総162頁、2,100部
   (内容) 論文4篇、内外東方学界消息2篇、東方学会賞発表 (第35回)、平成28年度秋季学術大会講演・
       研究発表要旨、座談会、追悼文4篇、英文論文要旨
○論 文 スリランカにおける史書の誕生 (馬 場 紀 寿)
  遼中京大定府の建設と空間構造―11世紀から13世紀における東アジア都城史の可能性―(久保田和男)
  ソグド語訳『楞伽師資記』と関連する問題について (吉 田  豊)
  唐令復原における典據史料の檢證―『大唐開元禮』を中心に― (趙    晶  (訳) 辻  正 博)
○内外東方学界消息
  中国古典文学研究の新世代―宋代文学を中心として― (内 山 精 也)
  メンシコフ、チュグエフスキー記念「敦煌古寫本」國際學術會議 (高 田 時 雄)
○第35回平成28年度東方学会賞発表
○平成28年度秋季学術大会講演・研究発表要旨
○座談会 「先学を語る」――丸山昇先生
  〔出席〕長堀祐造 (司会)、藤井省三、竹田 晃、及川淳子、佐治俊彦
○追悼文
  追悼 三笠宮殿下 (中 根 千 枝)
  三笠宮殿下を偲ぶ (池 田  裕)
   (再録:井本英一、髙﨑直道 [『三笠宮殿下米寿記念論集』より])
  追悼 徳永宗雄先生 (赤 松 明 彦)
  徳永宗雄先生を悼んで (横 地 優 子)
○編輯後記 (野間文史)
 本年度における「東方学」への応募論文は総数38篇、編集委員会の審議を経て、このうち6篇 (委嘱巻頭論文2篇を加えて8篇) を上記の通り、第132輯・第133輯に掲載発表した。
2) 第35回東方学会賞
 東方学会賞については、5月31日に全役委員に推薦依頼を行い、8月29日に選考委員会を開催し、下記の通り2名の授賞者が決定した。贈呈式は、平成28年度秋季学術大会 (11月5日、京都市国際交流会館) において行われた (別項II-4参照)。選考委員並びに授賞者は以下の通り。
 ○東方学会賞選考委員会   委員:岩田 孝、石見清裕、大津 透、神塚淑子、小松 謙
 ○授賞者
   會田大輔: 論文「北周天元皇帝考」(「東方学」131輯) およびこれと関連する研究活動
  上原究一: 論文「明末の商業出版における異姓書坊間の広域的連携の存在について」(「東方学」131輯)
          およびこれと関連する研究活動

2.ACTA ASIATICA: Bulletin of the Institute of Eastern Culture及び英文単行本の刊行
 本年度においては、「ACTA ASIATICA」No. 111およびNo. 112を下記の通り刊行した。また、平成29年度刊行分として、No.113「中国伝統社会における術数と思想」(責任編集:池田知久) 及びNo.114「近代東アジアにおける‘実録’」(責任編集:中見立夫) をそれぞれ準備中で、本年度中に10篇の論文を入手して翻訳作業に着手した。
(1) No.111 (28年8月刊) B5判、本文11P・脚注9P横一段組、総104頁、800部
   Recent Trends in Japanese Language Studies (特集「日本語研究の現状と課題、責任編集:木田章義)
   [CONTENTS]
   KIDA Akiyoshi 木田章義: Introduction
   KIDA Akiyoshi: The Present State of Research on the Japanese Language and Related Issues
   HIZUME Shūji 肥爪周二: Some Questions concerning Japanese Phonology: A Historical Approach
   FUKUDA Yoshiichirō 福田嘉一郎: Forms of Predicative Propositions in Early Middle Japanese:
     Japanese Morphology and Inflection
   ŌTSUKI Makoto 大槻信: The Origins of Japanese Prose: “Reading” and “Writing”
   Sven OSTERKAMP: Foreign Sources on the History of the Japanese Language: Problems and Prospects
  List of Contributors
(2) No. 112 (29年2月刊) B5判、本文11P・脚注9P横一段組、総126頁、800部
   Japanese Research on Intellectual Trends in China and Korea from the Eleventh to Seventeenth
   Centuries
(特集「11~17世紀における中国および朝鮮の思想と宗教」、責任編集:小島毅)
   [CONTENTS]
   KOJIMA Tsuyoshi 小島毅: Introduction
   ITŌ Takayuki 伊東貴之: Postwar Japanese Research on the History of Early Modern Chinese Thought
   KOJIMA Tsuyoshi: Methods Employed in Research on the Chu Hsi School: Research Trends in Japan
     since the 1970s
   YOKOTE Yutaka 横手裕: Development of Taoist Studies in Japan: With a Focus on the Eleventh to
     Seventeenth Centuries
   OGAWA Takashi 小川隆: The Study of Chinese Ch‘an in Japan in the Second Half of the Twentieth
     Century
  A. Charles MULLER: Japanese Studies of Korean Buddhism: The Present State of the Field
  List of Contributors
 なお、本年度における英文単行本の企画はなかった。

3.TRANSACTIONS OF THE INTERNATIONAL CONFERENCE OF EASTERN STUDIES No. LXI, 2016
  (国際東方学者会議紀要 第61冊) の刊行
 本年度においては、第61回国際東方学者会議 (ICES) 東京会議・関西部会の会議運営経過、研究発表のフルテキスト(2篇)、併設開催した第8回日中学者中国古代史論壇を含む要旨 (46篇)、チェアマンズレポート (6篇)、講演要旨 (2篇) 等を収録し、第61冊として刊行した (別項Ⅱ-1参照)。
  平成29年1月刊、A5判、本文8P及び9P横一段組、総160頁、1,250部
  [CONTENTS]
  61st International Conference of Eastern Studies
  Opening Address and Congratulatory Message
  Research Papers (full texts):
    WANG Zhenzhong, Ryukyuan Chinese works and the study of Chinese society
    YANG Ya-pei, The significance of paintings of the queen mother of the west: With a focus on the
      Kanō school in the seventeenth century
  Other Papers Presented (abstracts):
  〈Symposium I〉
    SAKUMA Hidenori, Valabhī’s Sthiramati and the commentator Sthiramati
    MINOURA Akio, The commentator Sthiramati who engaged in dialogue with Vasubandhu
    Martin DELHEY, Sthiramati’s identity: With special reference to the gotra problem
    KITSUKAWA Tomoaki, On the formation of views of Sthiramati in East Asia: With a focus on his
      links with Paramārtha
    MORO Shigeki, Quotations from Sthiramati’s commentary on the Abhidharmakośabhāṣya in East
      Asian works and their reception in Japan
    ITŌ Yasuhiro, On distinctive features of Sthiramati to be seen in the Ta-sheng Chung-kuan Shih-lun
  〈Symposium II〉
    LU Qin, Chinese character encoding beyond borders
    Lee COLLINS, Preservation of traditional Vietnamese writing in the digital age
    IKEDA Shōju, The HDIC Database Project
    TAKADA Tomokazu, Initiatives for standardizing the encoding of Chinese characters for admini-
      strative use in Japan
    SUZUKI Atsushi & SUZUKI Shun’ya, The standardization of ancient Chinese characters and
      attendant problems
  〈Symposium III〉
    ZHAO Jing, An examination of historical material evincing the restoration of the T‘ang statute:
      Focusing on Ta T‘ang K‘ai-yuan li
    NISHIMOTO Tetsuya, The animal management system as seen from a comparison of the Japanese
      and T‘ang statutes on stables and pastures
    MARUYAMA Yumiko, The movement of people in East Asia and the culture of the Nara period: With
      a focus on immigrants from Paekche and Koguryŏ
    NISHIMOTO Masahiro, “National culture” as seen from East Asia
    KAMIKAWA Michio, The turn in Buddhism during the Regency period
  〈Symposium IV〉
    CHEN Zhenghong, The discovery and publication of Ryukyuan Chinese works
    TSUZUKI Akiko, “Reports” (teibun) and textual sources: Another perspective on the early modern
      history of Ryukyu
    TERU Hiroshi, A fresh examination of the national academy in Shuri
    SHIMAMURA Kōichi, Compilatory projects undertaken by the Ryukyu government in the first half of
      the 18th century
  〈Asian Art History Session〉
    HUANG Xia, On the background to the “Northern Ch‘i painter” Ts‘ao Chung-ta’s study of painting
      and his painting style and achievements as a painter
    HAN Bo-kyung, The Ch‘ing-period Wan-shou Sheng-tien T‘u-chüan and the aims behind their
      production
    ZHAO Yuping, On the iconography of a painting of Suigetsu kannon held by Enshōin, Nara
    WANG Huikai, Overseas exhibitions of early Japanese art sponsored by the Agency for Cultural
      Affairs as seen from the perspective of museology: With a focus on the 1953 Exhibition of
      Japanese Painting and Sculpture that toured the United States
    SHIMAO Arata, Muromachi landscape scrolls in the style of Hsia Kuei: From the perspective of
      “East Asia”
  Chairpersons’ Reports:
    Symposium I: Sthiramati: Fact and Fiction (SAKUMA Hidenori)
    Symposium II: Towards the Construction of a Common Infrastructure for CJK Ideographs in the
      Sinographic Cultural Spere (SHIMODA Masahiro)
    Symposium III: Japanese Culture in the Context of East Asia, with a Focus on the Nara and Heian
      Periods (ŌTSU Tōru)
    Symposium IV: Newly Discovered Chinese Sources from Ryukyus and Rereading Ryukyuan History
      (TAKATSU Takashi)
    Asian Art History Session (NEADACHI Kensuke)
    8th Forum of Japanese and Chinese Scholars on Ancient Chinese History (WATANABE Yoshihiro)
  (8th Forum of Japanese and Chinese Scholars on Ancient Chinese History)
  Plenary Session
    王震中: 中國王權的誕生―夏商西周王權研究新的理論視角
    藤田勝久: 《史記》與出土資料的方法論 金秉駿: 出土資料是否正確?―與《史記》先秦諸國初期記錄
      比較
  Section I
    王啓發: 從社會史到思想史―侯外廬思想史研究的視野與特色
   吉澤誠一郎: 白鳥庫吉的東洋史學―從史學史來探討
    徐国利: 新考據派史家論宋學與清學及中國現代學術的建立
    西山尚志: 疑古與釋古 李紅岩: 従社會性質出發― 一種主導性的史學方法
    牧角悦子: 文學史這一方法論
    仙石知子: 中國近世小説研究的一個視角
    薛瑞澤: 民國時期中國文化史研究綜論
    渡邉義浩: 中国貴族制與文化資本論
    汪學群: 二十世紀八十年代以來中國思想史書寫方法之反思
  Section II
   郝春文: 敦煌寫本中形近字同形手書擧例
   岸本美緒: 如何將傳統中國的經濟秩序模式化?―20世紀中葉日本學界的一個嘗試
   陳峰: 宋代東宮虛化現象探究
   趙現海: 二十世紀長城研究范式變遷與時代思潮
   小島毅: 作爲方法的溝口雄三
   高凱: 高敏先生史學思想淺析
 Lectures at the Kansai Session (abstracts):
   Wolfgang SCHAMONI, Traditions of autobiography in 17th century Japan
    YOKOCHI Yūko, Harṣavardhana and goddess cults List of Speakers

4.「東方学会報」の刊行
 本会会務・事業の広報を目的とする本会報は、本年度においてはNo. 110とNo. 111を刊行し、全会員ならびに関係学協会・団体機関に配布した。
(1) No. 110 (28年7月刊) A5判、本文8P縦三段組、40頁、2,200部
  〔内容〕
  ○第61回国際東方学者会議の開催―第8回日中学者中国古代史論壇を併設
    [シンポジウム報告]
    Ⅰ. スティラマティの虚像と実像 (佐久間秀範)
    Ⅱ. 漢字文化圏に共通する漢字基盤の構築に向けて (下田正弘)
    Ⅲ. 東アジアの中の日本文化―奈良平安時代を中心に (大津透)
    Ⅳ. 新出の琉球漢文資料と琉球史の読み直し (高津孝)
    東洋美術史部会 (根立研介)
  ○[海外学者の招聘]第61回国際東方学者会議に4ヶ国から7名の研究者を招聘
  ○第8回日中学者中国古代史論壇の開催 (渡邉義浩)
  ○[研究室便り・第83回]東海大学におけるアジア学の組織と現況 (片山章雄)
  ○若手研究者の研究会等支援事業
    [報告]「王統の継承と交替―王権の理念と実態を考える―」ワークショップ(渡邉将智)
  ○会員通信 (56氏)  ○新会員紹介(43氏)  ○訃報  ○退会者  ○三角元理事の逝去
  ○国際集会案内 (第60回)
(2) No. 111 (28年12月刊) A5判、本文8P縦三段組、24頁、2,200部
  〔内容〕
  ○平成28年度秋季学術大会・会員総会の開催―京都市国際交流会館で開催
  ○[研究室便り・第84回]奈良女子大学におけるアジア研究の組織と現況 (野村鮎子)
  ○若手研究者の研究会等支援事業
    [報告]東アジア后位比較史研究会 (稲田奈津子)
        日本律令の固有法的性格についての再検討―日唐宋令の比較研究を通じて (武井紀子)
        中国古典文学に見る家族関係 (加納留美子)
        シンポジウム「チベット文明のレジリエンス」(岩尾一史)
  ○三笠宮殿下の薨去  ○会員通信 (44氏)  ○徳永元理事の逝去  ○新会員紹介 (11氏)
  ○訃報  ○国際集会案内 (第61回) 

                           ▲top

Ⅱ.内外学界交流事業
1.第61回国際東方学者会議 (61st International Conference of Eastern Studies) の開催
 国際東方学者会議 (ICES) は、本年度において第61回会議を下記の通り開催した。参加者は、延べ9ヶ国336名であった (日本人260名、外国人76名)。
  〔東京会議〕
  日時:5月20日(金) 午前10時~午後7時10分
  会場:日本教育会館8階・7階会議室 (千代田区一ツ橋)
  参加者:7ヶ国250名 (日本人195名、外国人55名)
  〇開会式 (801・802会議室) (午前10時~10時25分)
    挨拶:理事長・ICES運営委員会代表 池田知久
    祝辞:外務省国際文化交流審議官 下川眞樹太
  〇シンポジウム (午前10時30分~午後5時)
   Ⅰ.スティラマティの虚像と実像 (805会議室)
     司会=佐久間秀範
     発表=佐久間秀範 (日本)、箕浦暁雄 (日本)、マルチン・デルハイ (ドイツ)、橘川智昭 (日本)、
         師茂樹 (日本)、伊藤康裕 (日本)
     コメント=斎藤明 (日本)
    Ⅱ.漢字文化圏に共通する漢字基盤の構築に向けて (803・804会議室)
     司会=下田正弘
     発表=ルウ・チン (香港)、リー・コリンズ (米国)、池田証壽 (日本)、高田智和 (日本)、
        鈴木敦 (日本)・鈴木俊哉 (日本)
     コメント=小林龍生 (日本)、永崎研宣 (日本)
   Ⅲ.東アジアの中の日本文化―奈良平安時代を中心に (801・802会議室)
     司会=大津透
     発表=趙晶 (中国)、西本哲也 (日本)、丸山裕美子 (日本)、西本昌弘 (日本)、上川通夫 (日本)
     コメント=武井紀子 (日本)、榎本淳一 (日本)
    Ⅳ.新出の琉球漢文資料と琉球史の読み直し (807・808会議室)
     司会=高津孝
     発表=陳正宏 (中国)、王振忠 (中国)、都築晶子 (日本)、輝広志 (日本)、島村幸一 (日本)
   東洋美術史部会 (806会議室)
     司会=根立研介、佐藤康宏
     発表=黄夏 (中国)、韓普景 (韓国)、趙玉萍 (中国)、王輝鍇 (中国)、楊雅琲 (台湾)、島尾新 (日本)
  ○歓迎パーティー (午後五時十分~午後七時十分) (九階〝飛鳥〟の間)
    歓迎挨拶=岸本美緒 (東方学会東京支部長)
    挨拶=王震中 (中国社会科学院歴史研究所副所長)
    乾杯=礪波護 (東方学会東京支部長)
   〔関西部会〕
   日時:5月28日(土) 午前10時45分~午後4時40分
   会場:京都市国際交流会館 (京都市左京区粟田口鳥居町)
   参加者:5ヶ国40名 (日本人36名、外国人4名)
   〇開会挨拶 (イベントホール) 京都支部長 礪波 護
   〇講演会 (午前11時~午後1時10分)
    ヴォルフガング・シャモニ (ドイツ、ハイデルベルク大学教授): 十七世紀日本の自伝、その諸相 
      講師紹介・司会=大谷雅夫 (京都大学大学院教授)
    横地優子 (京都大学大学院教授): ハルシャ王と女神信仰  
      講師紹介・司会=赤松明彦 (京都大学大学院教授)
  ○昼食懇親会 (午後1時20分~2時20分) 2階レストラン
    挨拶・乾杯=池田知久 (東方学会理事長)
  ○参観 (午後2時50分~4時40分) 圓光寺(左京区一乗寺小谷町) 参加者27名

2.海外学者の招聘
 第61回国際東方学者会議 (ICES) の開催に際して、4ヶ国から7名の海外学者を招聘した。まず、東京会議のパネリストとして、「スティラマティの虚像と実像」シンポにマルチン・デルハイ氏 (Martin Delhey、ドイツ、ハンブルク大学教授) を、「漢字文化圏に共通する漢字基盤の構築に向けて」シンポにルウ・チン氏 (Lu Qin、香港、香港理工大学教授) とリー・コリンズ氏 (Lee Collins、米国、會保存遺産𡨸喃会長)を、「東アジアの中の日本文化―奈良平安時代を中心に」シンポに趙晶氏 (中国、政法大学副教授) を、「新出の琉球漢文資料と琉球史の読み直し」シンポに陳正宏氏 (中国、復旦大学古籍整理研究所教授) と王振忠氏 (中国、復旦大学歴史地理研究所教授) を、関西部会の講師にヴォルフガング・シャモニ氏 (Volfgang Schamoni、ドイツ、ハイデルベルク大学教授) を、それぞれ招聘した。デルハイ・ルウ・コリンズの3氏を科研で、趙・陳・王・シャモニの4氏を本会の費用で招聘した。

3.日中学者中国古代史論壇の開催
  中国社会科学院歴史研究所との間で中国古代史論壇を中国と日本で交互開催する5年間の交流協定を平成21 (2009) 年8月に締結した(2012年に5年間の延長協定を締結)。その交流協定に基づいて、第8回論壇が平成28 (2016) 年5月20日・21日の両日東京において下記の通り開催された。参加者は中国から12名、韓国から1名、日本側約50名。
   〔第8回日中学者中国古代史論壇〕
   日時:5月20日(金) 午前10時30分~午後5時、会場:日本教育会館 (千代田区一ツ橋)
      5月21日(土) 午前10時30分~午後3時、会場=早稲田大学大隈記念タワー (新宿区早稲田鶴巻町)
   共催:東方学会、中国社会科学院歴史研究所
   テーマ:中国史学の方法論
   次第: 2016年5月20日(金)
   ○全体会 10:30–11:50
    開会挨拶:池田知久 (東方学会理事長)
           王震中 (中国社会科学院歴史研究所〔以下、歴史研究所〕副所長)
    司 会:渡邉義浩 (早稲田大学教授)、朱昌栄 (歴史研究所副研究員)
    発 表:王震中 (歴史研究所研究員)、藤田勝久 (愛媛大学名誉教授)、金秉駿 (ソウル大学校教授)
   ○第1部会 13:00–17:00
    司 会:藤田勝久、王 震中
    発 表:王啓発 (歴史研究所研究員)、吉澤誠一郎 (東京大学准教授)、徐国利 (上海交通大学教授)、
         西山尚志 (山東大学講師)、李紅岩 (中国社会科学雑誌社「歴史研究」主編)、牧角悦子 (二松
         学舎大学教授)、仙石知子 (早稲田大学講師)、薛瑞澤 (河南科技大学教授)、 渡邉義浩 (早稲
         田大学教授)、汪学群 (歴史研究所研究員)
   2016年5月21日(土)
   ○第2部会 10:30–15:00
    開会挨拶:李成市 (早稲田大学理事・教授)、朱昌栄
    司 会: 牧角悦子、王 啓発
    発 表: 郝春文 (首都師範大学教授)、岸本美緒 (お茶の水女子大学教授)、陳峰 (西北大学教授)、
         趙現海 (歴史研究所副研究員)、小島毅 (東京大学教授)、高凱 (鄭州大学教授)
   ○総合討論14:20−15:00 司会:牧角悦子、王 啓発
   ○参観 (5月22日):富士山

4.秋季学術大会及び講演会等の開催
 (1) 秋季学術大会の開催
   28年度の秋季学術大会は、京都支部の主催により下記の通り開催した。参加者53名。
  〔平成28年度秋季学術大会〕
  日時=11月5日(土) 午前11時50分~午後7時
  会場=京都市国際交流会館3階会議室
  次第=
  開会挨拶:京都支部長 礪波 護
  講演会(12時~2時10分)
    石見 清裕 (早稲田大学教育・総合科学学術院教授): ソグド人墓誌研究から見えてきたこと
       (講師紹介・司会) 京都大学名誉教授 礪 波  護
   武田 時昌 (京都大学人文科学研究所教授):治身の自然学―中国的長生思考― 
       (講師紹介・司会)東京大学名誉教授 川原 秀城
  研究発表(2時30分~4時10分)
   高橋 晃一(第33回東方学会賞受賞者・東京大学特任研究員): 真諦譯『佛説解節經』の諸問題
      (司会) 国際仏教学大学院大学教授 斎藤   明
   新居 洋子( 第34回東方学会賞受賞者・東京大学東洋文化研究所特任助教): 清代北京における
     カトリック宣教師と現地の人々との接触
      (司会) 東京大学名誉教授 川原 秀城
   井口 千雪(第34回東方学会賞受賞者・京都府立大学非常勤講師): 明朝勲戚武定侯郭氏と文学
      (司会) 京都府立大学教授 小松   謙
  第35回東方学会賞贈呈式(4時30分~4時50分)
   選考経過報告:選考委員会代表 大津  透
   授    賞:理事長 池田 知久
(2) 講演会等の開催
  本年度においては、下記の通り、本会の所属する東洋学・アジア研究連絡協議会の講演会を開催した (II-7参照)。
  ○東洋学・アジア研究連絡協議会主催シンポジウム「東洋学・アジア研究の新たな振興をめざしてPart IV―新資   料が拓くアジア研究」(12月17日、東京大学法文2号館1大教室)

5.翻訳・英文校訂サービスの提供
  国際学術交流推進の基礎的事業として平成10年度から開始した本事業は、ホームページや「東方学会報」誌上で常時案内を行っており、好評裡に推移している。本年度における実施件数は以下の通りであった。
  ○「東方学」収載論文要旨の英訳・ネイティブチェック  8件
  ○論文要旨の英訳                       45件
  ○英文要旨のネイティブチェック               9件
  ○論文 (国際会議発表論文を含む) の英訳         2件
  ○英文論文のネイティブチェック               1件

6.若手研究者の研究会等支援事業
 平成23年度から、若手研究者の学際的な研究を推奨し、研究者間の直接交流を促し、斯学の発展・普及を図るため、若手研究者の研究会等支援事業を行なっている。助成額は1件5万円、年間10件以内で、質を確保するため申請者を45歳以下の会員に限定しているものの、参加者や使途に制限はない。なお、開催後1か月以内の報告書 (800字、「東方学会報」に収載) 提出が義務付けられている。ホームページ・「会報」等で募集を行っているが、28年度においては追加募集を含め採択は下記8件であった。採否は理事会において決定する。
  〔平成28年度採択分 (開催順、年齢・所属は申請時)〕
  1) 稲田奈津子 (東京大学史料編纂所助教) 40歳
   会議名:東アジア后位比較史研究会
   開催日:2016年9月4日
   会 場:東京大学史料編纂所演習室
  2) 加納留美子 (亜細亜大学非常勤講師) 32歳
   会議名:「中国古典文学に見る家族関係」研究会
    開催日:2016年9月8・9日
   会 場:常総地方地域交流センターいこいの郷常総研修室
  3) 武井紀子 (弘前大学講師) 34歳
   会議名:日本律令の固有法的性格についての再検討 ―日唐宋令の比較研究を通じて
   開催日:2016年9月11日
   会 場:東方学会会議室
  4) 岩尾一史 (神戸市外国語大学客員研究員) 40歳
   会議名:シンポジウム「チベット文明のレジリエンス」
   開催日:2016年9月17日
   会 場:東京外国語大学アジア・アフリカ言語文化研究所3階大会議室
  5) 新居洋子 (東京大学東洋文化研究所特任助教) 36歳
   会議名:「東アジア歴史学において日本史学が果たす役割」若手ワークショップ
   開催日:2016年12月17日
   会 場:東京大学東洋文化研究所第1会議室
  6) 小二田章 (早稲田大学文学学術院助手) 36歳
   会議名:大元大明研究会
   開催日:2016年12月19日
   会 場:早稲田大学戸山キャンパス第7会議室
  7) 吉永匡史 (金沢大学准教授) 35歳
   会議名:「古代東アジア世界における地方統治行政と民衆」ワークショップ
    開催日:2017年2月11日
   会 場:金沢大学角間キャンパス
  8) 三浦雄城 (東京大学大学院在学) 28歳
   会議名:「日中歴史学研究の最前線」ワークショップ
   開催日:2017年3月4日
   会 場:早稲田大学戸山キャンパス

7.国際アジア・北アフリカ研究会議 (ICANAS) 関係業務
  本業務は、平成16年末のICANAS日本国内委員会解散以来、本会がその業務を引き継いだものであるが、第39回会議に関する情報を待つ状況が続いている。

8.東洋学・アジア研究連絡協議会の事務局業務
  標記協議会は、平成28年12月17日(土)に東京大学法文2号館教員談話室において2016年度総会を開催し、事務局ではその開催準備を行った。年度末における参加学協会は正会員33、オブザーバー3の計36団体であった。なお、協議会では下記講演会を開催した。
  〔シンポジウム〕 「東洋学・アジア研究の新たな振興をめざしてPart IV―新資料が拓くアジア研究」
  会場:東大法文2号館1大教室
   日時:平成28年12月17日(土) 午後1時30分~5時30分
   参加者56名
   司会:堀池信夫(筑波大学名誉教授)
   趣旨説明:斎藤明 (国際仏教学大学院大学教授、東洋学・アジア研究連絡協議会会長)
   発表:井手誠之輔 (九州大学大学院人文科学研究院教授)「作品誌の観点と大徳寺伝来五百羅漢図」
       平辣 隆郎 (東京大学東洋文化研究所教授)「古文字資料の発見と伝統学術」
       松田 和信 (佛教大学仏教学部教授)「アフガニスタン写本と仏教文献研究」
       久保  亨 (信州大学人文学部教授)「第23期日本学術会議・アジア研究・対アジア関係に関する
        分科会『提言:新たな情報化時代の人文学的アジア研究に向けて』の骨子と背景」
   閉会挨拶:池田知久(東京大学名誉教授、東洋学・アジア研究連絡協議会顧問)
   共催:日本学術会議「アジア研究・対アジア関係に関する分科会」

9.「儒蔵」日本編纂委員会の事務局業務
 中国・日本・韓国・越南の漢文体で撰述された重要な儒学典籍を網羅し、校訂・解題を加えて編纂する「儒蔵」編纂事業が、2003年12月に中国 (北京大学「儒蔵」編纂中心) において開始された。中国側の依頼を受けて、日本における儒学典籍に校訂・解題を付けて編纂する「儒蔵」日本編纂委員会が2006 (平成18) 年9月に組織され、本会に事務局が置かれた。本会事務局では、28年度においても委員会の開催準備、会場の提供、文書の発送などの便宜供与を行った。

10.ホームページによる情報の提供
  平成14年4月に開設した本会ホームページについては、事業及び財務等に関する資料の情報公開をするとともに、逐次情報の集積と更新を行い、以下の項目をもって広く情報の提供を行った。
   〔内容〕
   ○東方学会要覧(沿革・目的/役員/歴代会長・理事長/入会案内・会員規定/定款)
   ○事業(出版編纂/内外学界交流/会員関係/図書室/事業計画・事業報告 [事業計画・収支予算、
     事業報告・収支決算])
   ○機関誌「東方学」(執筆要領/最新号)
   ○東方学会賞(規定/受賞者一覧)
   ○出版物(出版物の購入/出版目録 [東方学、ACTA ASIATICA、国際東方学者会議紀要、東方学
     会報、東方学論集、記念論集、英文単行本])
   ○若手研究者の研究会等支援事業(実施要項・助成実績)
   ○会議案内 (国際東方学者会議 [ICES]/秋季学術大会・会員総会/日中学者中国古代史論壇/国際
     アジア・北アフリカ研究会議 [ICANAS] 情報)
   ○東洋学・アジア研究連絡協議会

                           ▲top

III.図書室事業
1.内外研究情報・資料の交換・斡旋と図書室の整備
  本会出版物を内外関係大学・研究機関に送付し、資料の交換・寄贈を求める本事業は、国際交流基金による「ACTA ASIATICA」の買上げ措置が平成22年度以後中止となったものの、資料送付の継続性を重視し、数を減ずることなく寄贈を行っている。この出版交流における各出版物の送付件数は、「ACTA」各557件599冊、「紀要」453件460冊、「東方学」各462件523冊であった。また、本会が交換・寄贈を受けた東方学関係図書・雑誌・研究資料、及び購入図書等、本年度における新收図書は、国内発行・海外発行併せて61冊、雑誌は国内発行290種508冊、海外発行84種242冊であった。
   〔資料送付及び受領部数〕
    ○国内:機関誌「東方学」、「ACTA ASIATICA」、「国際東方学者会議紀要」、「東方学会報」など本会
     出版物を364団体に寄贈し、公刊資料との交換を求めた。これに対する本会の受領件数は、単行本
     43冊、雑誌290種508冊であった。
   ○海外:同じく上記本会刊行物 (「会報」を除く) を海外の659団体機関に寄贈し、公刊資料との交換を
     求めた。これに対する本会の受領件数は、単行本17冊、雑誌84種242冊であった。

2.録音資料の保存
 本年度においては、「学問の思い出」シリーズで、12月に興膳宏先生 (企画=木津祐子) を取り上げ、下記の通り座談会を開催した。録音資料は永く保存するとともに、その速記原稿は整理編集して、「東方学」に掲載する。
   「学問の思い出」――興膳宏先生を囲んで (「東方学」第134輯 [29年7月末] に収載予定)
     日時:平成28年12月18日 (日) 午後2時~5時
     会場:キャンパスプラザ京都
     出席:興膳宏、木津祐子 (司会)、赤尾栄慶、横山 弘、川合康三、道坂昭廣、 二宮美那子

IV.会員関係事業
1.会員現況   総数 1,434名(平成29年3月末日)
     入会51名、逝去9名、退会37名(差引5名増)
 本会事業運営の基盤である会員組織の増強については、本年度においても引続き一定数の入会者を得、久しぶりに差引き5名の微増ながら増員となった。

2.全国会員総会の開催
  本会の平成28年度第66回全国会員総会は、京都支部主催のもと、秋季学術大会に引き続き、下記の通り開催した。
    〔第66回全国会員総会〕
     日時:平成28年11月5日 (土) 午後4時50分~7時
     会場:京都市国際交流会館 (左京区粟田口)
     次第:
     ○会務報告 (3階会議室) 4時50分~5時10分 理事長 池田知久
     ○懇 親 会 (2階特別会議室)   5時30分~7時

3. 会員名簿・要覧の刊行
  「会員名簿」「要覧」については逐次情報の更新を行っているが、隔年刊行のため、本年度は刊行しなかった。
                                                            以 上
                            ▲top

平成28年度収支計算書
平成28年度正味財産増減計算書内訳表(PDF 102KB)
貸借対照表(PDF 104KB)

                            ▲top