一般財團法人東方學會 本文へジャンプ

財団法人東方学会 平成30年度事業報告

Ⅰ.出版編纂事業
1.機関誌「東方学」及び記念号の刊行
1) 機関誌「東方学」の刊行
 本年度においては、「東方学」第136輯・第137輯を下記の通り刊行した。
(1)第136輯 (30年7月刊) A5判、本文9P二段組、総196頁、2,100部
   (内容) 論文5篇、内外東方学界消息3篇、座談会、追悼文2篇、事業報告、英文論文要旨
○論文
 銭謙益と程嘉燧 (大 木  康)
 琵琶曲「啄木」攷――宋代文人の聴いた音楽 (早 川 太 基)
 容與堂刊『李卓吾先生批評忠義水滸伝』の評語に関する考察――「画」を中心として (川 島 優 子)
 毛宗崗本『三国志演義』の「視点」をめぐる改変 (佐 高 春 音)
 遠山荷塘の『嫦娥清韻』について――江戸後期の明清楽受容に関する一考察 (樊 可 人)
○内外東方学界消息
 クメール刻文研究の新時代 (松 浦 史 明)
 第18回国際仏教学会大会報告 (山 部 能 宜)
 和漢比較文学会海外特別例会について (相 田  満)
○座談会「学問の思い出」――松丸道雄先生を囲んで
  〔出席〕松丸道雄、平辣隆郎 (司会)、吉開将人、大西克也、鈴木 敦
○追悼文
 追悼 安田二郎先生 (川 合  安)
 安田二郎君追悼 (吉 川 忠 夫)
○編輯後記 (鶴間和幸)

(2)第137輯 (31年1月刊) A5判、本文9P二段組、総154頁、2,100部
  (内容) 論文4篇、内外東方学界消息1篇、東方学会賞発表 (第37回)、平成30年度秋季学術大会講演・研究発表要旨、座談会、英文論文要旨
○論 文
 日本の学問と訓読 (木 田 章 義)
  『江都集礼』と隋代の制礼 (白 石 将 人)
  「五代十国」と南郊儀礼――中原国家と南方列国における郊祀 ( 久保田 和男)
 羅懋登『三宝太監西洋記』中の仏典引用について (千 賀 由 佳)
○内外東方学界消息
 中国古代美術の海外流出調査記 (鶴 間 和 幸)
○第37回平成30年度東方学会賞発表
○平成30年度秋季学術大会講演・研究発表要旨
○座談会 「学問の思い出」――藤田宏達先生を囲んで
  〔出席〕藤田宏達、今西順吉、藤井教公、斎藤 明、下田正弘、細田典明 (司会)  
○編輯後記 (佐川英治)

  本年度における「東方学」への応募論文は総数28篇、編集委員会の審議を経て、このうち7篇 (委嘱巻頭論文2篇を加えて9篇) を上記の通り、第136輯・第137輯に掲載発表した。

2) 第37回東方学会賞
 東方学会賞については、5月31日に全役委員に推薦依頼を行い、8月29日に選考委員会を開催し、下記の通り2名の授賞者が決定した。贈呈式は、平成30年度秋季学術大会 (11月10日、芝蘭会館別館) において行われた (別項II-4参照)。選考委員並びに授賞者は以下の通り。
○東方学会賞選考委員会
  委員:金子修一、釜谷武志、木田章義、斎藤 明、土田健次郎
○授賞者
 山下洋平:論文「北魏文明太后崩御時における孝文帝の服喪儀礼」(「東方学」135輯) およびこれと関連する
        研究活動   
  川村悠人:論文「接辞重複問題に見るパタンジャリの言語理論」(「東方学」134輯) およびこれと関連する
        研究活動

2.ACTA ASIATICA: Bulletin of the Institute of Eastern Culture及び英文単行本の刊行
 本年度においては、『ACTA ASIATICA』No. 115およびNo. 116を下記の通り刊行した。また、平成31年度刊行分として、No.117「東方から見た東方学」(責任編集:小島毅) 及びNo.118「如来蔵とは何か―如来蔵・仏性思想研究の最前線」(責任編集:斎藤明) をそれぞれ準備中で、本年度中に11篇の論文を入手して翻訳作業に着手した。

(1) No.115 (30年8月刊) B5判、本文11P・脚注9P横一段組、総126頁、750部
 Medical Treatment and Its Indigenization in the Sinographic Cultural Sphere  
 (特集「漢字文化圏の医療と自国化」 責任編集:真柳誠)
  [CONTENTS]
 MAYANAGI Makoto真柳誠: Introduction
 SUZUKI Noriko鈴木則子: Developments in Balneology in Early Modern Japan and the Transformation of
     Hot Springs
 NAGANO Hitoshi長野仁: The Transformation of Japanese Acumoxa Brought About by the Adaptation
     of Passages from Chinese Medical Works of the Ming Period
 SHIN Dongwon申東源: The Development of Self-Awareness in Indigenous Medical Traditions in
     Premodern Korean Medical History
 MAYANAGI Makoto: The Traditions and Characteristics of Vietnamese Medicine
 List of Contributors
(2) No. 116 (30年2月刊) B5判、本文11P・脚注9P横一段組、総116頁、750部
 The History of Commercial Publishing in Premodern East Asia
 (特集 「中・朝・日三国坊刻本の出現とその展開」 責任編集 藤本幸夫)
 [CONTENTS]
 FUJIMOTO Yukio藤本幸夫: Introduction
 ŌKI Yasushi 大木康: The History of Bookshops in China: With a Focus on the Early Modern Period
 UEHARA Kyūichi 上原究一: On the Position of Chiang-hsi in Commercial Publishing in the Late Ming
     and Early Ch‘ing
 LEE Yoonsuk 李胤錫: The Character and Position of Commercially Published Books in Publishing
     during the Chosŏn Dynasty
 SUZUKI Toshiyuki 鈴木俊幸: Bookshops and Publishing: Characteristics of the Culture of Books in
     the Edo Period
 FUJIMOTO Yukio: Commercial Publishing in Chosŏn Korea before Bookshop Editions
 List of Contributors

 なお、本年度における英文単行本の企画はなかった。

3.TRANSACTIONS OF THE INTERNATIONAL CONFERENCE OF EASTERN STUDIES No. LXII, 2017 (国際東方学者会議紀要 第63冊) の刊行  
 本年度においては、第63回国際東方学者会議 (ICES) 東京会議・関西部会及び併設開催した第10回日中学者中国古代史論壇の会議運営経過、研究発表のフルテキスト(2篇)、要旨 (52篇)、チェアマンズレポート (7篇)、講演要旨 (2篇) 等を収録し、第63冊として刊行した (別項Ⅱ-1参照)。
 平成31年1月刊、A5判、本文8P及び9P横一段組、総168頁、1,300部

 [CONTENTS]
63rd International Conference of Eastern Studies
Opening Address and Congratulatory Message
Research Papers (full texts):
 MORI Tatsuya, East-West Interaction from the Ninth to the Fifteenth Centuries as Seen from
    Trade Ceramics: Through a Comparison of the Persian Gulf and the Ryukyu Islands
 HU Zhimin, Long Landscape Scrolls in the Style of Hsia Kuei Produced in the Mid-Ming: Grand View
    of Rivers and Mountains
Held by the Freer Gallery of Art
Other Paper Presented (abstracts):
 〈Symposium I〉
 Oliver WATSON, New Views: A Middle-Eastern Perspective on Islamic-Chinese Ceramic Trade in
    the T‘ang-Sung Periods
 KIKUCHI Yuriko, Southeast Asia and Maritime Interaction in the Sung-Yüan-Ming China from the
    Perspective of Vietnamese Ceramics
 OGAWA Mitsuhiko, The Cultural Spheres of Wood-stone Anchors, Wooden Anchors, and Iron Grapnels
    in Maritime East Asia
 YAMAUCHI Shinji, The “Sulfur Road” in Asia
 QIU Yihao, The Horse Riders Involved in the Maritime Trade: Continuities and Changes in the Indian
    Landscape under the Mongol Invasions
 〈Symposium II〉
 WATANABE Hideyuki, Perceptions of Self and Other by the People of Ch‘in
 Lothar von FALKENHAUSEN, The Economy of Ch‘in: An Archaeological Assessment
 TAKAMURA Takeyuki, The Beginnings of Document-Based Administration
 YOSHIMOTO Michimasa, The Shih-chi’s Perception of Ch‘in History
 Robin D. S. YATES, Recent Trends in Western-Language Scholarship on the Ch‘in
 〈Symposium III〉
 Lawrence C. H. YIM, The Politics and Literary Criticism of Ch‘ien Ch‘ien-i
 NOMURA Ayuko, Some Enigmas Surrounding the Compilation and Arrangement of Ch‘ien Ch‘ien-i’s
     Lieh-ch‘ao Shih-chi  
 ARATA Motonori, The “Hsüeh-hsiao” Chapter of Huang Tsung-hsi’s Ming-i Tai-fang-lu as a Sub-
     branch of Theories about Schools
 NAKANISHI Tatsuya, The Reactions of Chinese Muslims to Changing Currents of Thought in the Late
     Ming and Early Ch‘ing: From a Comparison of Discussions about the Diversity of People by
     Wang Tai-yü and Liu Chih
 FUKUDA Yasunori, The World of Ming-Ch‘ing Fiction and Hiraga Gennai
 〈Symposium IV〉
 LEI Wen, The Prohibition of “Assemblies” in the Sui-T‘ang Period: One Aspect of the Relationship
     between the State and Religious Rites
 SENDA Yutaka, Temples of Heirs Apparent during the T‘ang Dynasty
 EGAWA Shikibu, A Reexamination of the Types of Rites in the Ta T‘ang K‘ai-yüan Li: With a Focus
     on Omitted Rites
 ENOMOTO Jun’ichi, The Compilation of the Chiang-tu Chih-li and Its Significance and Influence
 SAKURA Sōtarō, The Transformation of the Sekiten Libation into an Annual Event
 FURUSE Natsuko, The Emperor and Senior Nobles as Seen from the Management of Rituals in the
     Regency and Insei Periods
 〈Symposium V〉
 SAITŌ Akira, On the Interpretation of Tathāgatagarbha in the Ratnagotravibhāga
 SHIMODA Masahiro, Differences in Aspects of Discourse in Buddhist Texts and the Interpretation of
     Tathāgatagarbha Thought
 Michael ZIMMERMANN, A Multi-associative Term: Why Tathāgatagarbha Is not One and the Same
 KANŌ Kazuo, A Reexamination of the Usage of “Tathāgatagarbha” in Sanskrit Fragments of the
     Mahāparinirvāṇa-mahāsūtra
 Christopher V. JONES, ‘Dhātu Discourse’: Reassessing the ‘Essence’ of Tathāgatagarbha Literature
 〈Asian Art History Session〉
 LI Han, On Ceramic Ware Depicted in Mural Tombs of the Liao Period in the Hsüan-hua District, Ho-pei
     Province: With a Focus on Chang Shih-ch‘ing’s Tomb
 YI Danyun, An Examination of “Depictions of the World” on Statues of the Dharma-realm Buddha in
     the Early T‘ang: On the Dharma-realm Buddha in Cave 332 of the Mo-kao Grottoes
 HUANG Pan, The Reception of Early Buddhist Pagodas in China and Their Vicissitudes
 INABA Satomi, An Examination of the Design of Caves 7 and 8 of the Yün-kang Grottoes
 ASAMI Ryūsuke, The Study of Buddhist Statues with Scientific Instruments
 〈10th Forum of Japanee and Chinese Scholars on Ancient Chinese History〉
 Plenary Session
 卜憲群:林甘泉史學研究的理論與方法
 渡邉義浩:“古典中國”中的史學與儒敎
 陳支平:民間文獻與中國歷史與文化研究的反思
 Section I
 李振宏:關于中國思想史研究方法論的思考
 井川義次:耶穌會士的東方信息取得和「四書」翻譯的實情
 周群:世界文明史視閾下的啓蒙――對啓蒙的一種廣義闡釋
 長谷川順二:黄河安流説的再探討――使用遥感數據進行的黄河古河道復原
 張興照:商代地理研究的進路與方法
 牧角悦子: 經學與文學――以詩經研究爲例
 李紅岩:従強制闡釋到公共闡釋――中國學者史學方法的思考趨向  
 劉中玉:試論孔子的巫史図像観
 肖永明:《孟子》“誅一夫”的詮釋與儒家政治倫理觀念的展開
 清野充典:《靈樞》經脉第十中所見“是動病”與“所生病”  
 張生:民國前史――世界史在中國歷史敍述中的進入
 Section II
 孫衛國:《紀效新書》與朝鮮王朝軍制改革
 河野貴美子:從日本古典籍以及日本學術文化史的視野來探索中國學的方法論
 劉屹:遼代佛敎“末法説”的源流 趙現海:中國古代的“差序疆域”及其前近代特徴
 桓占偉:中國思想史研究的多維視角 小島毅:探求士大夫們的思念
 劉暁:有例可援,無法可守――遵循先例與元朝法律體系的構建
Chairpersons’ Reports:
 Symposium I: Beyond East Asian History: Maritime Asia Viewed from the Flow of Materials in the
    Sung-Yüan-Early Ming Transition (YOKKAICHI Yasuhiro)
 Symposium II: Birth of the Ch‘in Empire: In Dialogue with Anglophone Researchers (MOMIYAMA Akira)
 Symposium III: New Trends in Research on the Late Ming and Early Ch‘ing Period, II: Thought,
    Literature, and Art (ŌKI Yasushi)
 Symposium IV: The State and Rites: The Culture of Ancient Japan within East Asia (ŌTSU Tōru)
 Symposium V: What is Tathāgatagarbha: The Frontier of Research on Tathāgatagarbha and Buddha-
    nature Thought (SAITŌ Akira)
 Asian Art History Session (NEDACHI Kensuke)
 10th Forum of Japanese and Chinese Scholars on Ancient Chinese History (WATANABE Yoshihiro)
Kansai Session (abstructs):
 Kicengge, The Territorial Expansion of the Ch‘ing and Nomadic Groups of the Dzungars in the Eigh-
    teenth Century: An Elucidation of Their Actual Circumstances on the Basis of Manchu Sources
 OKAMURA Hidenori, The Investigation and Study of the Yün-kang Grottoes
List of Speakers

4.『東方学会報』の刊行  
 本会会務・事業の広報を目的とする本会報は、本年度においてはNo. 114とNo. 115を刊行し、全会員ならびに関係学協会・団体機関に配布した。

(1) No. 114 (30年7月刊) A5判、本文8P縦三段組、44頁、2,200部
  〔内容〕
 ○第63回国際東方学者会議の開催―東京会議に11ヶ国453名が参加―
  [シンポジウム報告]
  Ⅰ. 東アジア史を超えて―モノから見た宋元明移行期の海域アジア世界 (四日市康博)
  II.秦帝国の誕生―英語圏の研究者との対話 (籾山明)
  III. 明末清初研究の新動向II―思想・文学・芸術 (大木康)
  IV. 国家と儀礼―東アジアの中の日本古代文化 (大津透)
  V. 如来蔵とは何か―如来蔵・仏性思想研究の最前線 (斎藤明)
  東洋美術史部会(根立研介)
 ○[海外学者の招聘]第63回国際東方学者会議に5ヶ国から8名の研究者を招聘
 ○第10回日中学者中国古代史論壇の開催 (渡邉義浩)
 ○若手研究者の研究会等支援事業
  [報告]
  中観派ワークショップ2017「『明句論』第18章のテキストクリティークと思想解明」(新作慶明)、
  「東アジア 世界における「内」と「外」」ワークショップ(小野響)、
  「大元大明研究会」(『大元一統志』『大明一統志』比較研究会)(小二田章)、
  「19世紀清朝の政治変動に関する研究会」(村上正和)
 ○会費免除会員  ○会員通信 (44氏)  ○新会員紹介(24氏)  ○訃報  ○退会者 
 ○国際集会案内 (第64回)
(2) No. 115 (30年12月刊) A5判、本文8P縦三段組、24頁、2,100部
  〔内容〕
 ○平成30年度秋季学術大会の開催―芝蘭会館別館において盛況裡に開催
 ○若手研究者の研究会等支援事業
   部派仏教研究会第七回会合(一色大悟)、
   中観派ワークショップ2018「バーヴィヴェーカと煩悩」(新作慶明)
 ○新会員紹介 (6氏)  ○訃報  ○退会者  ○会員通信 (36氏)  ○国際集会案内 (第65回) 

Ⅱ.内外学界交流事業
1.第63回国際東方学者会議 (63rd International Conference of Eastern Studies) の開催
 国際東方学者会議 (ICES) は、本年度において第63回会議を下記の通り開催した。参加者は、併設した第10回日中学者中国古代史論壇を含め、延べ11ヶ国453名であった (日本人341名、外国人112名)。

 〔東京会議〕
 日時:5月19日(土) 午前10時~午後7時
 会場:日本教育会館8階会議室 (千代田区一ツ橋)
 参加者:11ヶ国363名 (日本人276名、外国人87名)
 〇開会式 (801・802会議室) (午前10時~10時25分)
  挨拶:理事長・ICES運営委員会代表 池田知久
  祝辞:外務省国際文化交流審議官 宮川学
 〇シンポジウム (午前10時30分~午後5時)
 Ⅰ.東アジア史を超えて――モノから見た宋元明移行期の海域アジア世界 (804会議室)
   司会・趣旨説明=四日市康博(日本)
   発表=オリヴァー・ワトスン (英国)、森達也 (日本)、菊池百里子 (日本)、小川光彦 (日本)、山内晋次
     (日本)、邱軼皓 (中国)
   コメント=小島毅 (日本)、髙津孝 (日本)
 Ⅱ.秦帝国の誕生――英語圏の研究者との対話 (805会議室)
   司会・趣旨説明=籾山明(日本)
   発表=渡邉英幸 (日本)、ロータル・フォン・ファルケンハウゼン (米国)、髙村武幸 (日本)、吉本道雅
     (日本)、ロビン・イェイツ (カナダ)
   コメント=上野祥史 (日本)、土口史記 (日本)
 Ⅲ.明末清初研究の新動向Ⅱ――思想・文学・芸術 (807・808会議室)
   司会・趣旨説明=大木康 (日本)
   発表=厳志雄 (香港)、野村鮎子 (日本)、新田元規 (日本)、中西竜也 (日本)、福田安典 (日本)
 Ⅳ.国家と儀礼――東アジアの中の日本古代文化 (803会議室)
   司会=大津透 (日本)、石見清裕 (日本)
   趣旨説明=大津透
   発表=雷聞 (中国)、千田豊 (日本)、江川式部 (日本)、榎本淳一 (日本)、櫻聡太郎 (日本)、古瀬奈津子
      (日本)
   コメント=辻正博 (日本)、丸山裕美子 (日本)
 V.如来蔵とは何か――如来蔵・仏性思想研究の最前線 (801・802会議室)
   司会=斎藤明 (日本)、下田正弘 (日本)
   趣旨説明=斎藤明
   発表=斎藤明、下田正弘、ミヒャエル・ツインマーマン (ドイツ)、加納和雄 (日本)、クリストファー・
     ジョーンズ (英国)
 ○東洋美術史部会 (806会議室)
   司会=根立研介 (日本)、板倉聖哲 (日本)
   発表=胡智敏 (中国)、李含 (中国)、易丹韻 (中国)、黄盼 (中国)、因幡聡美 (日本)、浅見龍介 (日本)
 歓迎パーティー (午後5時10分~午後7時) (九階〝飛鳥〟の間)
   歓迎挨拶=岸本美緒(東方学会東京支部長)
   挨拶=卜憲群(中国社会科学院歴史研究所所長)、ミヒャエル・ツインマーマン(ハンブルク大学教授)
   乾杯=小南一郎(東方学会京都支部長)
 〔関西部会〕
 日時:5月26日(土) 午前10時30分~午後5時15分
 会場:京都市国際交流会館 (京都市左京区粟田口鳥居町)
 参加者:3ヶ国42名 (日本人40名、外国人2名)
 〇開会挨拶 (イベントホール) 
  京都支部長 小南一郎
 〇講演会 (午前10時40分~午後1時)
  承志(追手門学院大学教授):ダイチン=グルンの領域拡大と18世紀ジューンガル遊牧集団――マンジュ語
    史料による実態の解明
    講師紹介・司会=木田章義(京都大学名誉教授)
  岡村秀典 (京都大学人文科学研究所教授): 雲岡石窟の調査と研究
    講師紹介・司会=稲本泰生(京都大学人文科学研究所准教授)
 〇交歓昼食会(2階特別会議室) (午後1時10分~午後2時15分)
   挨拶=池田知久 (東方学会理事長)、乾杯=礪波護 (東方学会顧問)
 〇参観 (午後3時20分~4時30分):
   大原野神社、勝持寺 (西京区大原野) バス移動、京都駅八条口解散(参加者27名)

 参加者合計:11ヶ国453名 (日本人341名、外国人112名、論壇参加者を含む)

2.海外学者の招聘
 第63回国際東方学者会議 (ICES) の開催に際して、5ヶ国から8名の海外学者を招聘した。東京会議のパネリストとして、「東アジア史を超えて―モノから見た宋元明移行期の海域アジア世界」シンポにオリヴァー・ワトスン氏(Oliver WATSON、英国、オックスフォード大学教授) と邱軼皓氏 (中国、復旦大学講師) を、「秦帝国の誕生―英語圏の研究者との対話」シンポにロータール・フォン・ファルケンハウゼン氏(Lother von FALKENHAUSEN、米国、UCLA教授) とロビン・イェイツ(Robin YATES、カナダ、マギル大学教授)を、「明末清初研究の新動向Ⅱ―思想・文学・芸術」シンポに厳志雄氏 (香港、香港中文大学教授)を、「国家と儀礼―東アジアの中の日本古代文化」シンポに雷聞氏 (中国、中国社会科学院歴史研究所研究員)を、「如来蔵とは何か―如来蔵・仏性思想研究の最前線」シンポにミヒャエル・ツィンマーマン氏 (Michael ZIMMERMMANN、ドイツ、ハンブルク大学教授) とクリストファー・ジョーンズ氏(Christopher JONSE、英国、オックスフォード大学フェロー) を、それぞれ招聘した。ワトスン、イェイツ、厳、雷、ツィンマーマンの五氏については、本会独自で招聘し、邱、ジョーンズの両氏は科研費で招聘した。

3.中国社会科学院歴史研究所との交流
 中国社会科学院歴史研究所との間で中国古代史論壇を中国と日本で交互開催する5年間の交流協定を平成21 (2009) 年8月に締結した (2012年に5年間の延長協定を締結)。その交流協定に基づいて、第10回論壇が平成30 (2018) 年5月19日~21日の3日、第63回ICESに併設して東京で下記の通り開催した。参加者は中国から14名、日本側約100名。なお、昨年8月には中国社会科学院歴史研究所と2019年より「中国文化研究国際論壇」を交互に開催する5年間交流協定を締結している。

 〔第10回日中学者中国古代史論壇〕
 日時:5月19日(土) 午前10時30分~午後5時、会場:日本教育会館7階中会議室
     5月20日(日) 午前10時~午後3時、会場:早稲田大学戸山キャンパス33号館第1会議室
 共催:東方学会、中国社会科学院歴史研究所 テーマ:学際化する中国学―中国学発展の方法論の探求
 次第: 2018年5月19日(土)、会場:日本教育会館中会議室
 ○全体会  10:30-12:00  
  挨 拶:池田知久 (東方学会理事長)、卜憲群 (中国社会科学院歴史研究所所長)
  主持人:井川義次 (筑波大学教授)、李振宏 (河南大学教授)
  発 表:卜憲群、渡邉義浩 (早稲田大学教授)、陳支平 (厦門大学教授)
 ○第1部会 13:00–17:00
  主持人:渡邉義浩、劉屹 (首都師範大学教授)
  発 表:李振宏、井川義次、周群 (中国社会科学院社会科学雑誌社副主編)、長谷川順二 (学習院大
    学講師)、張興照 (中国社会科学院歴史研究所副研究員)、牧角悦子 (二松学舎大学教授)、
    李紅岩 (中国社会科学院社会科学雑誌社副総編)、劉中玉 (中国社会科学院歴史研究所副研究員)、
    肖永明 (湖南大学教授)、清野充典 (順天堂大学研究員)、張生 (南京大学教授)
 2018年5月20日(日)、会場:早稲田大学戸山キャンパス33号館第1会議室
 ○第2部会 10:30–14:20
  主持人: 牧角悦子、張生
  発 表:孫衛国 (南開大学教授)、河野貴美子 (早稲田大学教授)、劉屹、趙現海 (中国社会科学院歴史
    研究所副研究員)、桓占偉 (河南大学副教授)、小島毅 (東京大学教授)、劉暁 (中国社会科学院歴史
    研究所研究員)
 ○総合討論 14:20–15:00
  主持人: 牧角悦子、張生
  評論人: 柿沼陽平 (帝京大学准教授)
 ○閉会挨拶 池田知久
 ○参観 (5月21日):華厳の滝、輪王寺、日光東照宮

4.秋季学術大会及び講演会等の開催
(1) 秋季学術大会の開催  
 30年度の秋季学術大会は、京都支部の主催により下記の通り開催した。参加者70名。

 〔平成30年度秋季学術大会〕
 日時=2018年11月10日(土)
 会場=芝蘭会館別館 (京都市左京区吉田牛ノ宮町)
 ○開会:午前11時50分  開会挨拶 京都支部長 小南一郎
 ○講演会:12時~14時10分  
   京都大学教授 宮 崎   泉:実践から見た後期インド大乗仏教――『修習次第』と『菩提道灯』
     講師紹介・司会:京都大学白眉センター長 赤 松 明 彦
  武蔵野大学特任教授 藤 原 克 己:源氏物語における漢と和
     講師紹介・司会 愛媛大学教授 諸 田 龍 美
 ○研究発表 14時30分~16時55分
  第35回東方学会賞受賞者・明治大学兼任講師 会 田 大 輔:北周官制の変遷と忘却
    (司会) 元明治大学教授 氣賀澤 保 規
  第35回東方学会賞受賞者・東京大学東洋文化研究所准教授 上 原 究 一:
    「李卓吾先生批評」戯曲刊本の刊行状況をめぐって
    (司会) 東京大学東洋文化研究所教授 大 木  康
  第36回東方学会賞受賞者・東京大学東洋文化研究所准教授 馬 場 紀 寿:
    スリランカ大寺の自画像――『島史』と『大史』
    (司会) 京都大学白眉センター長 赤 松 明 彦
   第36回東方学会賞受賞者・東京大学東洋文化研究所助教 板 橋 暁 子:
    西晋愍帝年号継続の背景について
    (司会) 東京大学大学院人文社会系研究科教授 佐 川 英 治
○第37回東方学会賞贈呈式 17時5分~17時30分
 推薦理由披露:選考委員会代表 木 田 章 義
  受賞者:山 下 洋 平(九州大学大学院専門研究員)
       川 村 悠 人(オックスフォード大学海外特別研究員)
 授 賞:理事長 池 田 知 久  
(2) 講演会等の開催
 本年度においては、下記の通り、本会の所属する東洋学・アジア研究連絡協議会の講演会を開催した (II-7参照)。
 
  〔東洋学・アジア研究連絡協議会主催シンポジウム
  「近未来の東洋学・アジア研究―言葉の重みを受けとめ、いかにその壁を超えるか―」〕
  (12月15日、東京大学法文2号館1大教室)

5.翻訳・英文校訂サービスの提供  
  国際学術交流推進の基礎的事業として平成10年度から開始した本事業は、ホームページや「東方学会報」誌上で常時案内を行っており、好評裡に推移している。本年度における実施件数は以下の通りであった。
 ○「東方学」収載論文要旨の英訳・ネイティブチェック  9件
 ○論文要旨の英訳                   75件
 ○英文要旨・論文のネイティブチェック         4件
 ○論文 (国際会議発表論文を含む) の英訳        5件

6.若手研究者の研究会等支援事業
 平成23年度から、若手研究者の学際的な研究を推奨し、研究者間の直接交流を促し、斯学の発展・普及を図るため、若手研究者の研究会等支援事業を行なっている。助成額は1件5万円、年間10件以内で、質を確保するため申請者を45歳以下の会員に限定しているものの、参加者や使途に制限はない。なお、開催後1か月以内の報告書 (800字、「東方学会報」に収載) 提出が義務付けられている。ホームページ・「会報」等で募集を行っているが、30年度においては追加募集を含め採択は下記8件であった。採否は理事会において決定する。

  〔平成30年度採択分 (開催順、年齢・所属は申請時)〕
  1) 申請者:村上正和 (新潟大学准教授) 38歳
   会議名:19世紀清朝の政治変動に関する研究会
   開催日時:2018年5月25日、会場:東洋文庫7階会議室
  2) 申請者:新作慶明 (武蔵野大学講師) 34歳
   会議名:中観派ワークショップ2018「バーヴィヴェーカと煩悩」
   開催日時:2018年6月16日・17日、会場:龍谷大学大宮キャンパス
  3) 申請者:一色大悟 (東京大学特任研究員) 37歳
    会議名:部派仏教研究会第7回会合
    開催日時:2018年6月23日、会場:佛教大学
  4) 申請者:安部聡一郎 (金沢大学准教授) 43歳
   会議名:ワークショップ「東アジア身分制・支配秩序の新展開」
   開催日時:2018年12月22日、会場:金沢大学角間キャンパス
  5) 申請者:小二田章 (早稲田大学招聘研究員) 38歳
    会議名:大元明研究会
    開催日時:2019年1月、会場:早稲田大学
  6) 申請者:八尾史 (早稲田大学高等研究所講師) 36歳
    会議名:部派仏教研究会第8回会合
    開催日時:2019年1月26日(土)、会場:大正大学
  7) 申請者:渡邉将智 (就実大学講師) 39歳
   会議名:「東アジアの王権と正統性」ワークショップ
   開催日時:2019年2月16日(土)、会場:岡山大学津島キャンパス
  8) 申請者:小野響(立命館大学大学院博士課程在学) 28歳
   会議名:「東アジアにおける政治・文物・思想」ワークショップ
   開催日時:2019年3月9日、会場:早稲田大学戸山キャンパス

7.国際アジア・北アフリカ研究会議 (ICANAS) 関係業務
 本業務は、平成16年末のICANAS日本国内委員会解散以来、本会がその業務を引き継いだものであるが、現在休眠状態にある。

8.東洋学・アジア研究連絡協議会の事務局業務
 標記協議会は、平成30年12月15日(土)に東京大学法文2号館教員談話室において2018年度総会を開催し、事務局ではその開催準備を行った。年度末における参加学協会は正会員34、オブザーバー2の計36団体であった。なお、協議会では下記講演会を開催した。

  〔シンポジウム〕
  「近未来の東洋学・アジア研究―言葉の重みを受けとめ、いかにその壁を超えるか」
  会場:東大法文2号館1大教室
  日時:平成30年12月15日(土) 午後1時30分~5時30分、参加者75名
  司会:小島 毅(東京大学教授)
  趣旨説明:斎藤 明 (国際仏教学大学院大学教授、東洋学・アジア研究連絡協議会会長)
  発表:間野英二(京都大学名誉教授):『バーブル・ナーマ』研究の軌跡――諸言語の壁を乗り越えて
      戸内俊介(二松学舎大学准教授): 出土文献から見る上古中国語の“文法化”について
      船山 徹 (京都大学教授): 訳語の適性――「衆生」から「有情」へ、そして再び「衆生」へ
      川島 真 (東京大学教授): 中国の『大国化』と中国近現代史研究の変容
  閉会挨拶:池田知久(東京大学名誉教授、東洋学・アジア研究連絡協議会顧問)
  共催:日本学術会議「アジア研究・対アジア関係に関する分科会」

9.「儒蔵」日本編纂委員会の事務局業務
 中国・日本・韓国・越南の漢文体で撰述された重要な儒学典籍を網羅し、校訂・解題を加えて編纂する「儒蔵」編纂事業が、2003年12月に中国 (北京大学「儒蔵」編纂中心) において開始された。中国側の依頼を受けて、日本における儒学典籍に校訂・解題を付けて編纂する「儒蔵」日本編纂委員会が2006 (平成18) 年9月に組織され、本会に事務局が置かれている。本会事務局では、中国からの書籍の受け入れなどを行った。

10.ホームページによる情報の提供
 平成14年4月に開設した本会ホームページについては、事業及び財務等に関する資料の情報公開をするとともに、逐次情報の集積と更新を行い、以下の項目をもって広く情報の提供を行った。

  〔内容〕
  ○東方学会要覧(沿革・目的/役員/歴代会長・理事長/入会案内・会員規定/定款) ○事業(出版
  編纂/内外学界交流/会員関係/図書室/事業計画・事業報告 [事業計画・収支予算、事業報告・
  収支決算]) ○機関誌「東方学」(執筆要領/最新号) ○東方学会賞(規定/受賞者一覧) ○出版物
  (出版物の購入/出版目録 [東方学、ACTA ASIATICA、国際東方学者会議紀要、東方学会報、東方学
  論集、記念論集、英文単行本]) ○若手研究者の研究会等支援事業(実施要項・助成実績) ○会議案内
  (国際東方学者会議 [ICES]/秋季学術大会・会員総会/日中学者中国古代史論壇/国際アジア・北アフ
  リカ研究会議 [ICANAS] 情報) ○東洋学・アジア研究連絡協議会

III.図書室事業
1.内外研究情報・資料の交換・斡旋と図書室の整備
 本会出版物を内外関係大学・研究機関に送付し、資料の交換・寄贈を求める本事業は、国際交流基金による「ACTA ASIATICA」の買上げ措置が平成22年度以後中止となったものの、資料送付の継続性を重視し、数を減ずることなく寄贈を行っている。この出版交流における各出版物の送付件数は、「ACTA」各565件567冊、「紀要」660件660冊、「東方学」各393件396冊であった。また、本会が交換・寄贈を受けた東方学関係図書・雑誌・研究資料、及び購入図書等、本年度における新收図書は、国内発行・海外発行併せて34冊、雑誌は国内発行273種700冊、海外発行82種250冊であった。

  〔資料送付及び受領部数〕
  ○国内:機関誌「東方学」、「ACTA ASIATICA」、「国際東方学者会議紀要」、「東方学会報」など本会
   出版物を359団体に寄贈し、公刊資料との交換を求めた。これに対する本会の受領件数は、単行本
   33冊、雑誌272種500冊であった。
  ○海外:同じく上記本会刊行物 (「会報」を除く) を海外の662団体機関に寄贈し、公刊資料との交換を
   求めた。これに対する本会の受領件数は、単行本3冊、雑誌83種237冊であった。

2.録音資料の保存
 本年度においては、「学問の思い出」シリーズで、4月に藤田宏達護先生 (企画=細田典明) を、7月には粂川光樹先生 (企画=小川靖彦) を、また「先学を語る」シリーズで、11月に清水茂先生 (企画=高津孝) を取り上げ、下記の通りそれぞれ座談会を開催した。録音資料は永く保存するとともに、その速記原稿は整理編集して、「東方学」に掲載する。

   「学問の思い出」――藤田宏達先生を囲んで (「東方学」第137輯 [2019年1月末] に収載)
    日時:平成30年4月20日 (金) 午後2時~5時 会場:東方学会会議室
    出席:藤田宏達、細田典明 (司会)、今西順吉、藤井教公、斎藤明、下田正弘

   「学問の思い出」――粂川光樹先生を囲んで (「東方学」第139輯 [2020年1月末] に収載予定)
    日時:平成30年7月30日 (月) 午後2時~5時 会場:東方学会会議室
    出席:粂川光樹、小川靖彦 (司会)、内田道雄、金井精一、山下宏明

   「先学を語る」――清水茂先生 (「東方学」第138輯 [2019年7月末] に収載予定)
    日時:平成30年11月9日 (金) 午後2時~5時 会場:京都大学楽友会館
    出席:高津孝 (司会)、小松謙、蔡毅、平田昌司、矢淵孝良

IV.会員関係事業
1.会員現況   総数 1,390名(平成31年3月末日)
     入会41名、逝去7名、退会43名(差引9名減)  
 本会事業運営の基盤である会員組織の増強については、本年度においても引続き一定数の入会者を得たが、差引き9名の減員となった。

2.全国会員総会の開催  
 本会の平成30年度第68回全国会員総会は、京都支部主催のもと、秋季学術大会に引き続き、下記の通り開催した。
   〔第68回全国会員総会〕
   日時:平成30年11月10日 (土) 午後5時50分~7時20分 会場:芝蘭会館別館 (左京区吉田牛ノ宮町)
   次第:
   ○会務報告 (研修室2) 5時50分~6時 理事長 池田知久
   ○懇 親 会 (研修室1) 6時10分~7時20分

3. 会員名簿・要覧の刊行
  「会員名簿」・「要覧」については逐次情報の更新を行っているが、隔年刊行のため本年度においては刊行しなかった。
                                                              以 上

                            ▲top

平成28年度収支計算書
平成30年度損益計算書(PDF 102KB)
平成30年度貸借対照表(PDF 104KB)

                            ▲top