一般財團法人東方學會 本文へジャンプ
>      

       中国文化研究国際論壇
  International Forum for the Study of Chinese Culture


中国社会科学院歴史研究所と2009年から10年間開催した日中学者中国古代史論壇(フォーラム)を承け、2019年から5年間新たに中国文化国際論壇を交互に開催する協定を締結しました。
 日中の学者を中心に、国際的な論壇を開催します。第1回は2019年8月に厦門大学において開催されました。詳細は「東方学会報」No.117(12月刊行)に掲載しました。なお、中国社会科学院歴史研究所は2019年4月より中国社会科学院古代史研究所に改称されました。
 
 第2回論壇は、新型コロナウイルス感染の危険があるため、Zoomによるオンライン開催しました。
ご参加ありがとうございました。


第2回論壇


期日: 2021年5月15日・16日
テーマ:中国文化の統一性と多様性(中国文化的統一性与多様性)

2021年5月15日

開会挨拶: 10:30–10:40 小南一郎 (東方学会理事長)

全体会 10:40–12:00  主持人: 牧角悦子 (二松学舎大学) 、葛煥礼 (中国社会科学院古代史研究所)
王啓発 (中国社会科学院古代史研究所): 元代呉澄対《礼記·王制》篇的改編及其意義解析 (中国語)
小島毅 (東京大学): 文化中国の再検討 (日本語)
蘇俊林 (西南大学): 論秦漢二十等爵制的終結 (中国語)
渡邉義浩 (早稲田大学): 中国史学の展開と儒教 (日本語)

第1部会 13:00–16:40  主持人: 河野貴美子 (早稲田大学)、王啓発 (中国社会科学院古代史研究所)
葛煥礼 (中国社会科学院古代史研究所): 範式与問題――美国的唐宋思想転型研究 (中国語)
沙武田 (陝西師範大学): 敦煌西夏石窟芸術図様的多様性与多中心時代文化統一性之関係 (中国語)
論題変更→张议潮的政治联盟窟——莫高窟洞窟组合崖面“空间”的“历史物质性”
井川義次 (筑波大学): フランス革命直前における中国の聖王と暴君情報――張居正『帝鑑図説』仏訳Faits mémorables des empereurs de la Chineに関して (日本語)
発表順変更→趙現海 (中国社会科学院古代史研究所): 道家“無為而治”的政治立場与“不戦而勝”的戦争観念 (中国語)
呉四伍 (中国社会科学院古代史研究所): 清代海洋治理的地域文化与協調機制 (中国語)
牧角悦子 (二松学舎大学): 雅言と「斟酌」 (日本語)
趙瑩波 (上海大学): 従日本鴻臚館漢詩外交看中国文化在東亜的伝播 (中国語)

発表順変更→沈冬梅 (中国社会科学院古代史研究所): 中国茶文化的源生性与世界伝播的多様性述論 (中国語)
仙石知子 (二松学舎大学): 日本における『列女伝』の受容 (日本語)
発表順変更→楊富学 (敦煌研究院): 司馬遷“行国”史観及其対後世的影響 (中国語)
2021年5月16日
第2部会 10:40–12:00  主持人: 柿沼陽平 (早稲田大学)、陳志遠 (中国社会科学院古代史研究所)
妹尾達彦 (中央大学): 中国文化の統一性と多様性――行政都市網の変遷を手がかりに (日本語)
成一農 (雲南大学): 歴代王朝的政治空間結構――以伝統輿図為核心 (中国語)
論題変更→王朝是“帝国”吗?——以寰宇图和职贡图为中心
中島隆博 (東京大学): 王弼再考 (日本語)
桓占偉 (河南大学): 何以殷人尊神――基于夏・殷両族生産方式差異性的考察 (中国語)

第3部会 13:00–16:60  主持人: 井川義次 (筑波大学)、趙現海 (中国社会科学院古代史研究所)
陳志遠 (中国社会科学院古代史研究所): 中山七帝寺興廃考――解読《隋重修七帝寺碑》(中国語)
論題変更→宋学立 (中国社会科学院古代史研究所): 全真道教学法之言教与身教 (中国語)
河野貴美子 (早稲田大学): 日本伝存資料を通してみる唐代典籍文化の統一性と多様性 (日本語)
邱源媛 (中国社会科学院古代史研究所): 八旗圈地制度的輻射――清初撥補地考実 (中国語)
劉中玉 (中国社会科学院古代史研究所): 風会図視域下的晚明文化転型 (中国語)
柿沼陽平 (早稲田大学): 中国古代禿頭攷 (日本語)
張倩茹 (中国社会科学院古代史研究所): 嘉靖九年郊祀改革中的分祀合祀之争 (中国語)
牟堅 (中国社会科学院古代史研究所):“洒掃応対,便是形而上之事”――朱熹以“礼”来貫通其《小学》、《大学章句》(中国語)

総合討論 16:10–16:50  主持人: 牧角悦子、王啓発  評論人: 西山尚志 (埼玉大学)

閉会挨拶 16:50–17:00  卜憲群 (中国社会科学院古代史研究所所長)



第1回論壇


期日: 2019年8月30日(金)
会場: 厦門大学
テーマ:中国歴史文化の伝承と解釈
主催: 厦門大学・中国社会科学院古代史研究所
                       *中国社会科学院古代史研究所(以後:中国古代史研と表記)
開幕式:厦門大学科芸中心恩明樓三階会議室
主持人:陳 支平(厦門大学歴史系教授)
挨 拶:鄧 朝暉(厦門大学副学長)
    卜 憲群(中国古代史研所長)
    池田知久(東方学会顧問)
主題講演:
 主持人:朱 昌栄(中国古代史研研究員)
 発  表:李  彪(澳門科技大学教授)「中日文化交流之一例―日本漢学家源伊信校勘南監本《北史》」
      肖 永明(湖南大学教授)「学術与政治権力交互作用下朱熹形象的塑像―以南宋後期爲中心的考察」
      徐 義華(中国古代史研研究員)「漢字的特性及其対早期歴史観念的影響」
      妹尾達彦(中央大学教授)「都城与陵墓―以李弘恭陵、楊氏順陵、玄宗五陵的分析爲中心」
  主持人:妹尾達彦
 発 表:牧角悦子(二松学舎大学教授)「古代帝王“禹”在近代文学中的形象」
     劉 中玉(中国古代史研副研究員)「中越文化視域下的《竹林大士出山図》」
     汪 暁雲(厦門大学教授)「孝爲玄根―中国古代孝道与政治」
     張  侃(厦門大学教授)「明代中晩期山人結社的地域機制与文化形態―以浙江温州府爲例」
分組討論
 第一組:篔簹(うんとう)書院教学樓講堂
 主持人:鈔 暁鴻(厦門大学教授)
 発 表:卜 憲群(中国古代史研研究員)「秦漢郷里社会結構演変与国家権力関係評述」
     鄭 任釗(中国古代史研研究員)「清代公羊学始于《春秋正辞》弁」
     趙 世瑜(北京大学教授)「歴史過程的“折畳”与“拉伸”―社的存続、変身及其在中国史研究中的意義」
     臧 知非(蘇州大学教授)「由“学”而“述”戦国秦漢儒生価値観的歴史考察」
     邱 夢艷(四川軽化工大学講師)「十三経邏輯結構研究」
     羅  瑋(中国古代史研助理研究員)「元明善《寿国董忠烈公伝》考―兼論董文用対元朝《太祖実録》纂修的影響」
     趙 現海(中国古代史研研究員)「儒家“王天下”政治思想与対“王道”戦争的推崇」
     李 毅婷(浙江師範大学教授)「情礼之争:独子兼祧制度下的服制」
     謝 暁東(厦門大学教授)「一本、二本与実践理性的困境」
     陳 支平「《孝経》釈義及其変遷」
  第二組:篔簹書院教学樓講堂二
  主持人:王 日根(厦門大学教授)
  発 表:李 均明(清華大学教授)「牘簡所見適罰考」
      渡邉義浩(早稲田大学教授)「《捜神記》的執筆目的与五気変化論」
      王 彦輝(東北師範大学教授)「簡牘所見秦漢時期的“疇官”与“疇人”的職役」
      張 栄強(北京師範大学教授)「著籍与計数―秦漢魏晉奴婢身分演変与良奴制的産生」
      陳  峰(西北大学教授)「宋朝官場酒風及其引発問題管窺」
      張 金龍(首都師範大学教授)「“忻州九原崗北朝壁画墓”墓主人蠡測」
      張  進(南京師範大学教授)「天長紀荘木牘《算簿》中的“事算”問題」
      王 啓発(中国古代史研研究員)「元代呉澄対《礼記》篇章整合重綴的価値探析―以《喪服小記》爲例」
      雷  聞(中国古代史研研究員)「安史之乱中的大弘道観―新見《中都大弘道観主上清大洞劉尊師玄台銘》跋」
      楊 宝玉(中国古代史研研究員)「《大唐河西道帰義軍節度索公紀徳之裨》校注及其史料価値補議」
      鄔 文玲(中国古代史研研究員)「漢画像中的劉邦故事綜述」
      梁 建国(厦門大学教授)「北宋東京的近郊」
 第三組:篔簹書院学術交流中心二階会議室
 主持人:林  楓(厦門大学教授)
 発 表:井川義次(筑波大学教授)「中国史与其哲学信息向欧州的伝入」
      李 振宏(河南大学教授)「関于中国伝統文化的評価問題」
      戴 衛紅(中国古代史研研究員)「中古中国官品冠服制在東亜的流播」
      河野貴美子(早稲田大学教授)「中国典籍古写本在日本的伝承与闡釈―以《世説新語》爲例」
      張 国旺(中国古代史研副研究員)「《済美録》所収元代勅牒初探」
      柿沼陽平(帝京大学准教授)「日本対《漢書》的吸収及其意義」
      李 承律(山東大学教授)「洪奭周《訂老》及其対《老子》之“無為、自然”観念的詮釈」
      蘇  輝(中国社会科学院古代史研究所《中国史研究動態》副主任)「魯司徒元器物銘文的職官与世系略考」
      劉 婷玉(厦門大学教授)「中国歴史上的“武夷君”伝説及其流変」

▲Top