一般財團法人 東 方 學 會                                      

本文へジャンプ

          
一般財団法人東方学会  令和5年度事業計画


I. 出版編纂事業
1. 機関誌「東方學」及び記念号の刊行
○「東方学」の刊行  
 わが国東方学研究の各専門分野にわたる会員の研究論文を中心に、内外東方学界消息、座談会 [別項III-2]、追悼文等を収録する和文学術誌。巻末に英文論文要旨を附載する。
 本年度においては、第146輯 (巻頭論文:今西祐一郎)・第147輯 (巻頭論文:三浦秀一) を刊行する。
   年2回刊、和文、A5判、本文9P縦二段組、各輯基準頁256頁、各1,900部
○第42回東方学会賞の授賞
  本年度の第42回東方学会賞については、6月に役委員に候補推薦依頼を行い、8月末に選考委員会を開催し授賞者を決定する。贈呈式は、11月11日開催の秋季学術大会において行う。

2. ACTA ASIATICA: Bulletin of the Institute of Eastern Culture及び英文出版物の刊行
 わが国における東方学・日本学の最新の研究論文とその分野における研究史・研究動向等を特集形式でまとめ、海外学界・研究者に紹介する英文学術誌。編集にあたっては責任編集者を委嘱し、専門分野ごとに特定のテーマを設け、その体系的な紹介を企図する。本年度においては、No.125特集「哲理と自然――六朝山水詩の成立」(編集:小南一郎)、およびNo.126特集「漢晋変革の考古学的研究」(編集:岡村秀典) を刊行する。
   年2回刊、英文、B5判、本文11P横組、各巻基準頁128頁、各750部

 なお、令和4年度から2年計画で、英文単行本A New Study of the Laozi’s Thought: Based on the Mawangdui Texts (池田知久『老子―その思想を読み尽くす』2017. 3、講談社学術文庫) の刊行を目指している。池田教授から本会の翻訳サービスによる英文原稿の提供を受けたもので、現在校正作業中。
   英文、A5判、ハードカバー、本文11P・注8P横組、約600頁、500部、本年度刊行予定

3. Transactions of the International Conference of Eastern Studies No. LXVII, 2023 (国際東方学者会議紀要 第67冊) の刊行
 第67回国際東方学者会議 [別項II-1] における議事・実行プログラムの他、フルテキスト (2篇程度) とその他の全発表要旨、シンポジウム等のチェアマンズリポート、関西部会における講演要旨、および併設開催する第4回中国文化研究国際論壇 [別項II-3] における発表要旨等を収録する報告書。
   年刊、英文、A5判、本文8P及び9P横組、予定頁176頁、1,300部

4. 「東方學會報」の刊行
  本会事業及び行事の予告・報告、内外学界動向、主要大学の研究室便り、若手研究者の研究会等支援事業の報告書、会員通信、出版案内など、多方面にわたる情報を適宜提供し、会員および関係学会・団体機関との連携を図る。 本年度は、そのNo.124を第67回国際東方学者会議と第4回中国文化研究国際論壇を中心に、No.125は令和5年度秋季学術大会を中心に、それぞれ事務局が編集を担当し刊行する。
   年2回刊、和文、A5判、本文8P縦3段組、予定年間72頁、各2,000部

II.内外学界交流事業
1. 第67回国際東方学者会議(ICES)の開催
 本会議は、1999年の第44回会議以降、東京会議において委嘱発表による企画性・テーマ性の強いシンポジウム等を中心にアカデミックプログラムを組織して成果を挙げており、本年度もこの方式によって開催する。これにより、国際化・情報化の急速に進む今日、斯学研究の最新の成果と動向を取り込み、高い学問レベルで国際学術交流に貢献するとともに、広く一般にも公開して東方学・アジア研究の普及を図る。なお、本年度においては、下記プログラムをもって開催する。開催方式については3月10日のICES運営委員会に置いて決定する。
 〇東京会議 (5月20日〔土〕、日本教育会館7・8階会議室)
  開会式(801・802会議室)
  シンポジウム (括弧内は企画責任者)
   I. 中国文献の異伝・異文と日本古典文芸 (今西祐一郎)
  II. 玄奘三蔵の築き上げた唯識の教義と実践、そしてその日本的展開 (佐久間秀範)
  Ⅲ. 白話文学研究の現状と展望(高津孝)
   IV. ユーラシアのなかの嘉慶維新 (1799) (豊岡康史)
  V. 中国鬼神論の最前線 (戸倉英美)
  VI.「志」からみた漢唐間の政治文化(永田拓治)
  ペーパーセッション (括弧内は組織責任者)
   東洋美術史 (板倉聖哲)
   懇親夕食会[間隔を空けた着席方式] (9階平安の間)  
 〇関西部会 (5月27日〔土〕、京都市国際交流会館)
  講演会 (1階イベントホール)
   クリストフ・マルケ (フランス国立極東学院教授、日本美術史)
    末永高康 (広島大学教授、中国古代思想史)
  懇親昼食会[間隔を空けた着席方式] (2階特別会議室)
 〇報告書の刊行
   別項I-3の通り、Transactions of the International Conference of Eastern Studies
   No. LXVII, 2023 (国際東方学者会議紀要 第67冊)を刊行する。

2. 海外学者の招聘
 本事業は、海外において東方学を専攻する有力研究者を招聘し、広くわが国の学界・専門研究者との直接交流を行うことを目的とするものであるが、本年度においては、第67回ICES [別項II-1] に下記2氏の招聘を予定している。
  シンポジウム I:劉瑩(浙江大学教授)
  シンポジウムIII:李侑儒(台湾国家海洋研究院助理研究員)
 なお、招聘には、本国と日本で新型コロナウイルスによる空港検疫の待機期間が無くなることを条件とする。招聘可否の判断は3月10日の第67回ICES第2回運営委員会で判断する。招聘できない場合は、オンラインで現地から参加していただくこととする。

3.中国社会科学院古代史研究所との交流
 中国社会科学院古代史研究所(’19.4に歴史研究所から改称)との交流協定にもとづき、本年の第4回中国文化研究国際論壇を第67回ICESに併設開催する。新型コロナウイルスのため、オンラインで開催することとなった。
 〇第4回中国文化研究国際論壇 (5月20日〔土〕・21日〔日〕、早稲田大学)
   テーマ:「中国古代における軍事制度――軍事思想と国家統治」

4.秋季学術大会及び講演会等の開催
 平成24年度から、これまで会員総会において一般に公開してきた講演会、シンポジウム、研究発表を分離して秋季学術大会として開催しているもので、本年度においては東京支部主催のもと、2名の講演とシンポジウム2部会とともに、第42回東方学会賞贈呈式を行う。
  〔令和5年度秋季学術大会〕
   日時:2023年11月11日(土) 午前10時~午後7時30分
   会場:日本教育会館8階会議室 (千代田区一ツ橋)
   講演会:
    ① 永田知之 (京都大学人文科学研究所准教授)
    ② 古井龍介 (東京大学東洋文化研究所教授)
  シンポジウム:
    1:台湾文学 (企画責任者:藤井省三)
    2:日本古写経 (企画責任者:落合俊典)
  第42回東方学会賞贈呈式
    授賞理由披露:学会賞選考委員会代表
    授賞:理事長

5. 翻訳・英文校訂サービスの提供
 国際学術交流推進の基礎的事業として、東方学関係の論文、論文要旨、国際会議発表ペーパーの英訳及び英文校訂 (ネイティブチェック) の有料サービスを平成10年度より行なっており、本年度においても継続実施する。

6. 若手研究者の研究会等支援事業
 本事業は、若手研究者の交流と学際的な研究を促進するため、平成23年度より開始したもので、研究会・講演会・シンポジウム等の開催経費の一部として、1件5万円、年間10件までの支援を行うものである。その質を確保するため本会会員 (45歳以下) が申請者になることを条件としている。報告書 (800字程度) は、実施直後の「東方学会報」に掲載する。

7. 国際アジア・北アフリカ研究会議 (ICANAS) 関係業務
  本会では、ICANAS日本国内委員会の事務局を、昭和59年(1984)の同委員会発足から平成16年 (2004) の解散まで担当し、その後、その業務を継承している。その業務は、直接わが国研究者に対しICANAS情報を提供して広報活動を行うとともに、ICANASの上部機関である国際オリエント・アジア研究連合 (IUOAS) との密接な連携を図るものであるが、近年は休眠状態にある。

8. 東洋学・アジア研究連絡協議会の事務局業務
 本会では、日本学術会議東洋学研究連絡委員会廃止決定に伴い、民間レベルの緩やかな学会連合を目指して平成16年12月に設立された標記協議会の事務局業務を担当している。例年12月の土曜日に開催している総会・シンポジウムについては、4月以降にワーキンググループによる検討を行い、日程・テーマおよび発表者の選定を行う。

9.「儒蔵」日本編纂委員会の事務局業務
 中国・日本・韓国・越南の漢文体で撰述された重要な儒学典籍を網羅し、校勘・解題を加えて編纂する「儒蔵」編纂事業が、中国の国家的プロジェクトとして2003年12月に開始された。北京大学の「儒蔵」編纂中心から、戸川芳郎教授 (当時理事長) に日本における儒学典籍の編纂依頼があり、平成18 (2006) 年9月に「儒蔵」日本編纂委員会が組織された。本会はその事務局を担っており、委員会開催や委員及び実務担当者への連絡等の便宜を図っているが、近年は中国で刊行される関係雑誌の受領程度にとどまっている。

10.ホームページによる情報の提供
 本会では、平成14年4月16日にホームページを開設して以来、逐次情報の補充更新を行って、会員・関係研究者のみならず広く内外学界及び一般からのアクセスに応えており、本年度においても積極的に情報の集積・公開に努めることとする。

III.図書室事業
1. 内外研究情報・資料の交換・斡旋と図書室の整備
 本会では内外学界における関係団体機関及び研究者との間に、情報の提供や本会出版物の寄贈・交換を行っており、本年度においても従前通りの送付を継続する。これにより内外学会・大学研究機関より交換・寄贈を受ける東方学関係図書・雑誌・研究資料、及び本会購入新刊図書の収納・整理を行う。なお、新型コロナウイルスの影響により郵送できない国や研究機関があり、最近の送付数は減少している。

2. 録音資料の保存
  本年度においても、座談会「先学を語る」シリーズおよび「学問の思い出」を実施する予定であるが、新型コロナウイルスの蔓延により、なかなか予定が立てられない状況にある。

IV.会員関係事業
1. 全国会員総会の開催
  全国会員総会は、平成24年度から講演会・シンポジウム・研究発表を秋季学術大会として分離開催することになったため [別項II-4]、総会としては会務報告・懇親会を11月11日(土) 日本教育会館における秋季学術大会に続けて開催する。
   〔令和5年度全国会員総会〕
   日時:2023年11月11日(土)17時40分~19時30分
   会場:日本教育会館 (千代田区一ツ橋)
   次第:会務報告、懇親会

2. 会員名簿・要覧の刊行
 本会では隔年会員名簿と要覧を刊行しており、本年度においては6月の役員改選による第7期役員名簿を収載してそれぞれ下記の通り刊行する。
   会員名簿:A5判、本文8P横組、約110頁、1,400部、2023年12月刊行予定
   学会要覧:A5判、本文8P横組、約70頁、120部、2023年7月刊行予定
                                                  以 上


令和5年度収支予算書

令和5年度収支予算書内訳表 (PDF 280KB)


▲top